スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

私が、本当に好きなのは 

「ダイエット中だけど、好きなものは食べないとストレスになってかえってよくないよねー」って、こないだH本先輩と話したんだけど、口にしないとストレスになるほど好きなものってなんだろうって考えた。
もともと好き嫌いがあまりないっていうか好きなものがやたらたくさんあるんだけど、そういえば大好きなはずの鶏の唐揚げを、ここ2ヶ月ほど食べてないことに気付いた。そういえば大好きなはずのラーメンも長いこと食べてない。大好きなはずのグラタンも。ネギトロ丼も納豆の軍艦もボンゴレビアンコも。
なあんだ、大好きだと思ってたけど、本当はそこまで好きってわけじゃなかったんだよ。自分が本当に好きなものは何かっていうのが、今はっきりと見えてきた。
カフェオレまたはコーヒー牛乳。握り寿司。カンパチまたはハマチやブリ(今の季節ならやっぱブリがいいね)。広島風お好み焼き。カレー。
これらはほとんど習慣っていうか中毒になってるから、止めろと言われるとストレスになるなあ。
うっ! ううう…ハマチ…ハマチが切れた…ハマチをくれ…。
明日の晩酌のつまみが決定したよ。
スポンサーサイト

あの詐欺は今!? 

「ワンクリ詐欺」とか「フィッシング詐欺」とか詐欺にもいろいろあるけれど、そういえばずっと前流行った「ワン切り詐欺」ってどういう仕組みだっけ? 電話をワンコールで切って、それからどうなるんだっけな。思い出せないよ。
どんどん新しい詐欺が出てきて警戒心も強くなってきてるけど、「あの詐欺は今!?」みたいなのにうっかり引っかかってしまいそう。
だけども今どきワン切りなんてかけてくる業者なんてそうそういないから、引っかからずにすんでるんだなあって思うのさ。

キュウリコーラについて考えた 

考えるまでもなくマズいに決まってる。
そんなどうしようもないダメジュースでも、どうやったら美味しくいただけるのかを試行錯誤するヘンタイな人もいる。 (褒め言葉です)

私自身はそんなネタ体質とかじゃないので、そんなもん飲んだりしないよ? 絶対しないよ?
ただひとつだけ、このダメジュースから学んだことがあるよ。
「キュウリ」って、英語で「キューカンバー」っていうんだってこと!
わーい、ひとつ利口になったよ。
今度から、積極的に「キューカンバー」って単語を生活に取り入れようって思った。
なんてグローバルな視点! なんてインターナショナルな私!
ああ、キューカンバーの酢の物が食べたくてたまらないよ。

似てるような、似てないような 

「顔をカニにはさまれる」というとけっこう大変なことだけど、「顔を蚊に刺される」となると、ただかゆいだけだなあ。
そんなことを考えながら、頬をポリポリ掻いている。
もう蚊がいるみたいだよ。かゆいよ。

「お尻がかゆい」について考える 

「お尻がかゆい」と言えば聞こえがいいが、たいていの場合は「お尻の穴付近がかゆい」ってことを言っているのだなあ。
それに気づいてからというもの、うかつに「お尻がかゆい」と言えなくなってしまった。
べ、別にお尻なんかかゆくないんだからねっ!

ツンデレになってないし。

チラリズムについて考える 

しびれくらげさんの昨日の記事「チラリズム」を読んで、いろいろと考えさせられた。
ふうさんのお友達(かな?)のセリフを一部引用させていただこう。

>『チラ』の方が興奮すると思わない? パンツの穴開いたとこから、先っぽだけチラッとか。

男はパンモロよりパンチラに興奮するから、女だってペニモロよりペニチラの方が興奮するんじゃないかって話だ。
ペニ先が見えている時点でチラリズムじゃないって気がするんだけど、まあいいや。これを「チラ」だと仮定して話を進めよう。
これをそっくりそのまま女の人に移行すると、ショーツの端から大陰唇がチラッと見えるのがチラリズムってことだな。

唇チラ。ほら、なんだかキュート!

人の汁 

他人の作ったおにぎりが食べられないって人がいるらしい。
別に、潔癖症で他人が素手でにぎったおにぎりなんて食べられないわっ! ってワケじゃないようだ。手の平から出る微量のアミノ酸がおにぎりを美味しくするって話があるけど、原因はそれだな。
他人の分泌物が口に入るっていうのが生理的にイヤだって話なんだよね。
それがごくごく微量のアミノ酸でも。まあ、なんとなく分からなくもないなあ。
でも、そういう人はたぶん飲精とかムリだから、できれば顔まで飛ばすのはやめてあげたらいいと思うよ。

M修行 

すごく感じる場所とまだ開発されていない場所(触られるとちょっとイヤだったり痛かったりする場所?)を同時に愛撫されると、そのまだ開発されてない場所がものすごーく感じるようになる。
そんな記事をどこかで読んだのを思い出した。(たぶんこちらだと思うのですが、該当記事を見つけることができませんでした。)


なぜそれを思い出したとかいうと、ロ内炎なのに辛~いカレーを食べたからだ。
「痛い」「ウマイ」「でも痛い」「でもすごいウマー」「ああ激痛」「でもカレーは止まらない」「痛ぇ・・・・」

結局、ロ内炎の痛みが快感へ変わることはなかった。
同じことだと思ったんだけどな。

「てにをは」は正確に 

「日本で10本の指に入る名器」というのなら名誉なことだが、「10本の指が入る名器」っていうのはそりゃ名器じゃないだろと思う。

ちょっと入りすぎ。

ベンジーが好きなのら 

私は浅井健一が大好きだ。
そのカッコ良さを友人に語っていると、気の毒そうに彼女は言った。

「でもベンジーって、結婚してるよ。」


そこまでは狙ってない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。