スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

コンドー20大ニュース 

今年ももう残りわずかとなった。
そこで、私のこの一年を振り返ってみようと思う。

********

風邪をひいて、ひどいGPとなる。【1月】

こたつで寝てしまい、足に低温火傷を負う。【1月】

「アニメ『タッチ』の浅倉南の声を 泉ピン子がアテることになった。」という夢を見る。こんとんじょのいこ。【2月】

こたつを撤去。【4月】

当ブログ「誰か背中をかいてくれ」を立ち上げる。【4月】

フリーセル356連勝達成。自慢したら「なんて暇人だ」とバカにされる。【4月】

初めてホワイト餃子を食べる。【5月】

「FreeCell Manager」を導入。フリーセル環境が快適になる。【6月】

隣りの家に、猫が一匹増える。【6月】

大人計画社歌に大ウケ。【7月】

pinoを食べたが、星型が出なくてがっかり。【8月】

隣の飼い猫が、単独で網戸を開けてウチへ侵入することに成功。【8月】

「コンぶろ」更新停止。【8月】

こたつを出す。【11月】

「デトロイト・メタル・シティー」の影響で「SATUGAIするよ」が口癖となる。【11月】

電気毛布を出す。【11月】

友人がWii購入、うらやましくなる。【12月】

お尻が切れて出血大ショック。【12月】

携帯電話の電池が不良品だということが発覚。交換してもらう。【12月】

「Wii Sports」のテニスでプロ認定。エリーザさんに勝つ!【12月】

********

こうしてみると、激動の一年だったなあ。
大病を患い(GP)、続いて不慮の事故(低温火傷)。悪夢にうなされたりもした(泉ピン子)。
頑張っても世間に認められず(フリーセル連勝記録更新)、私はどん底だった。
でもそんな中、新しい出会いもあった(隣に猫が増える)。そして、美味しい料理に舌鼓を打ち(ホワイト餃子)、すばらしい芸術に心躍らせもした(大人計画社歌)。
しかしそんな楽しい日々を過ごしていたのもつかの間、自分自身に失望する出来事もあった(pino)。
自分のテリトリーに土足でズカズカと入り込まれ(隣の猫)、私の心はすさんだよ。殺害予告をして回ったり(デトロイト・メタル・シティー)、友人に対し妬みも持った・・・・・(Wii買ってうらやましい)。
でもそんな私に神様が罰を下したんだ。私の皮膚は裂け、血に染まった(お尻が切れた)。そして身近に爆発物があったことが発覚(携帯電話の電池)、本当に命が危なかった・・・・。
私はそれまでの自分を悔い改た。そしたら神様からごほうびがあったよ。
趣味でやってたテニスで、なんとプロ認定!宿命のライバルエリーザさんにも勝つことができた(Wii Sports)!
ふぅ・・・・来年は平穏無事に過ごしたいよ。

スポンサーサイト

[2006/12/31 00:00] 年末特集 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

誰せな10大ニュース 

当ブログは、ニュースサイトとしての顔も持っています。
コンドー記者がマウスを駆使して、インターネットの大海原からさまざまなニュースを拾い集め、記事にしてきました。今年取り上げたニュースの中から、「コレダ!」っていうのを10コ選んでみました。

********

「村上代表逮捕」の真実【6月】
初めてのニュース。村上氏の顔に衝撃を受け、欽ちゃんに取り憑かれたように書き上げたよ。意外と好評(?)で、管理人ご満悦。

駐車監視員は見た・・・!~改正道路交通法の実情【6月】
駐車監視員って、憧れるよるえ。やってみたいなあ。もうねえ、ムチとか持ってバシバシ取り締まるよー。

安倍氏「別荘ごもり」ねるじぇら練る【9月】
ねるじぇら懐かしいよ。食べたことないけど。

牛丼復活、吉野家の前に長蛇の列【9月】
ずごいよ、こんなにも人々は牛丼を欲してるのかって驚いたな。

広島新球場計画:設計案決定 広島のシンボル「ひろしまお好みランド」【10月】
「広島新球場」などのワードで検索に来られた方、無駄足を踏ませてしまってごめんなさい。広島駅の近くにフードテーマパーク「ひろしま お好み物語 駅前ひろば」が出来たんだけど、結局今年は行かなかったよ。それどころか、お好み村さえ行ったことありません。

ネットで直接アピール=「ライブ・トーク官邸」初収録-安倍首相【10月】
「ライブ・トーク官邸」をYahooで検索すると、首相官邸のサイトに次いで2番目に出てくるという快挙。まさかそんなだとは思わないので検索避けなんて全然してませんでした。無駄足を踏ませてしまってごめんなさい。

軽井沢で「国際クマ会議」、共存がテーマ【10月】
「クマ会議」て。

スケート連盟元会長、動機を供述 「甘い汁吸いたかった」【10月】
この元会長こそ、「くわがたツマミ」の父親のモデルなのだ。私だって甘い汁吸いたいです。

バッファ口一のUSB接続式のワソセグチュ一ナ一、生産が追いつかず【10月】
「バッファロー」とか「ワンセグ」での検索が相次いだため、あわてて検索避けをするが、時既に遅し。検索で来られた方、無駄足を踏ませてしまってごめんなさい。そんな中、この記事を「面白い」と言ってくれた方がいらして、管理人大喜び。

“処女キラー”森本レオ、猛威を振るう【12月】
森本レオが石原真理子の処女を奪っていたことで、日本列島に激震が走った。このニュースを取り上げたことで、この弱小ブログにもたくさんの人が訪れた。森本レオ関連の検索で、ニュースをアップした翌日には600件、延べ1500件ものアクセスがあり、小心な管理人はあわわわわわわとなる。

********

今年も色々なことがありました。来年も政界の黒い闇とかにメスを入れていこうと思います。
[2006/12/30 18:15] 年末特集 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

ひとりじめ 

以前いた職場は、年末がかきいれ時で大忙し。
昼食を食べる時間もなかなか取れない。当時新人だった私はみんなの昼食をまとめて買ってくるおつかいに行ってきた。
近所のスーパーで、巻き寿司やいなり寿司、おむすびにお惣菜などをどっさり買い込んだ。
盛り付けしようと巻き寿司を切ったんだけど、端っこがあったら先輩たちに失礼かと思って、端を薄く切ってきれいに並べた。(切った端っこは、もちろんつまみ食いだよ)

「コンちゃんありがとね~。おつかれさん。お腹すいた~。」

そう言いながらフジサワ先輩が入ってきた。
それまでニコニコしてた先輩は、お皿に並んだ料理を見て急に顔色を変えた。

「コンちゃん、巻き寿司の端っこは・・・・?」

私が事情を話すと、とても落胆した様子で

「端っこがいちばんおいしいのに・・・・・。」



わあ、ごめんなさいごめんなさい。
でも言われてみれば、私も端っこ好きだなあ。
[2006/12/29 21:09] 思い出 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

そっちじゃない。 

「ぶえっくしょーーーい!」
風邪をひいたらしく、大きなくしゃみが出て、そのはずみで鼻水がずりっと出た。
「わっ、何か出た。」
そうつぶやくと、上司が心配そうに、
「下から?」

まだそんなにゆるくないよ。(たぶん)

[2006/12/28 21:46] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

お熱いのがお好き? 

カルピスが出している「ほっとレモン(濃縮タイプ)」がおいしい。
最近はいつもこれ。夜は焼酎入れてお湯割りにして晩酌。もう手放せないよ。
あんまりおいしいもんだから、職場に持って行ってみんなで飲むことにした。
冷蔵庫の中におさめてたら、後輩がK奈ちゃんがやってきた。

「ホットレモンあるけえ、飲みんさいよー。濃縮タイプのヤツね。」

そう言うと、K奈ちゃんはうれしそうな顔をして

「わあ、ありがとうございますー!ホットレモン好きなんですよ。えーっと、水で薄めて飲めばいいですか?」


ホットレモンが好きって、あんた今言うたがな。
[2006/12/27 21:49] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

童貞仁義 

「童貞を前面に出したサイトって、けっこう多いよね。だけど聞いた話によると、童貞じゃないのに童貞サイトやってる人もけっこういるらしいよ。自虐ネタをやりやすいから童貞を名乗るんだってさ。」

そんな話をN君にすると、彼は硬い表情になり

「インターネット上で、まあ別に何書いたっていいと思うんですよ。表現の自由だし。本当のこと書かなきゃいけないってことでもないし。だけど、童貞じゃない人が童貞だって言うのだけは、しちゃいけないことだと思う。それだけは絶対しちゃいけない。だって童貞の人に対して失礼でしょう?この地球上の童貞全てを敵に回す行為ですよ。僕はその人たちに思い出してほしい。男は誰だって、生まれたときは童貞なんです。」



なんか、すごいいいこと言ってるように聞こえるんですけど。
[2006/12/26 21:06] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

クリスマス・イルミネーション 

姉貴の家の近所に、とってもステキにクリスマス・イルミネーションを施した家がある。

「お姉ちゃん、あの家すごいね。ここからもよく見えるからいいね。きれいー!」

「そうなんよ。この辺りは街灯が少ないからちょうどいいんよ。でも今日までかな。もうはずしちゃうんだよねえ。困るんだけどなあ。」


困るなよ。
[2006/12/25 22:34] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

赤い服の男 

駐車場に止めてあった車の中から、赤い服を着た大柄な男の人が降りてきた。
うふふ、ここにもサンタさん。今日も街のあちこちに誰かのためにサンタクロースが現れる。

と思ったら、赤いジャンパーを着たフツーのおっさんだった。
紛らわしいよ。この時期はサンタさん、それ以外はくまのプーさんとかって呼ばれてるに違いないよ。それがこの人の宿命なんだ。
[2006/12/25 21:53] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

パパはサンタクロース 

夜道を歩いていると、四十過ぎくらいの男性が足早に私を追い越していった。
見ると、小脇にサンタの帽子とプレゼントらしき紙包みをかかえている。
ああ、今日はクリスマス・イブだから、サンタの扮装で我が子にプレゼントを渡すつもりなのかな。
自宅へ帰り着いたらしく、彼は車庫に止めてある自動車にサンタ帽と紙包みを投げ込み、玄関のチャイムを押した。内側からドアが開き、彼の姿はドアの向こうへ消えた。

私はその脇を通り過ぎながら、彼の温かそうな家庭に思いを馳せた。

きっと、1時間前、サンタ帽に鼻メガネ(紙包みの中は鼻メガネなのだ)の格好で行きつけの呑み屋に乱入、おネエちゃんたちに「キャーーやだー!ターさんったら!あっ!お尻触っちゃダメったら!エッチなサンタさんねー!きゃはははは」なんてキャーキャー言われて有頂天。
きっとそうだ、そうなんだ。
[2006/12/24 22:22] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

自覚 

友人k美の弟さんが求職中だった頃の話だ。
せっせと履歴書を書いているのをk美が覗き込むと、「長所」の欄に「思いやりがある」と書いてあったそうだ。

「確かにあの子は昔から優しい子だったわー。」


うん、でもなんか違う。

[2006/12/23 23:15] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

問答住職 

伯父の葬儀で田舎へ帰った。
亡くなったのは母の15歳違いの姉の夫で、82歳だった。19年間も病気で入院していて、昨日の明け方、安らかに息を引き取ったそうだ。
葬儀には伯父のひ孫たち5人も来ていた。彼らはみんな小学生。ずっと入院したきりだった曽祖父の死は、あまりピンと来ない様子だ。

葬儀、収骨に続き、初七日の法要まで済ませるのが慣例だ。
初七日の読経が終わり、住職がひ孫さんたちに話しかけた。

「おじいちゃんのこと、覚えていなさる?どんなこと話していたとか、どんな思い出がありなさるかね?」

そんなこと言っても、この子たちが生まれた頃には伯父さんもうとっくの昔に入院しちゃってんだし、見舞いってったってそんなにしょっちゅうは行かないだろうから思い出とかそんなに無いだろ。住職、伯父が長期入院してたの知らないんだな。ほら、子どもたち困ってんじゃん。

そう思ってると、ひ孫の中で一番上の小学6年生の子が澄んだ声で言った。

「はい、いつもニコニコしてました。」

おおっ、すげー。大人の対応だ。
すると住職、

「そう、ニコニコしていなさったですか。おじいちゃんは19年も入院しててたいへんだったね。いつまでも覚えておいてあげてくださいね。」


知ってたか、住職よ。
子ども相手なんだから、もうちょっとハードル下げてあげてよ。
[2006/12/22 22:37] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

本格派 

いとこのJ子ちゃんは新婚さん。
結婚前はほとんどしなかった料理もだんだんと慣れてきて、今ではけっこう本格的な料理も作っているという。
先日も、彼の帰りを待ちながら野菜の煮物を作っていたそうだ。
味付けにしょうゆを入れる時、料理屋の大将を気取って、しょうゆの一升瓶の口を親指で半分押さえて持ち振りながら鍋に注いでたら、一升瓶の重さで親指がはずれ、しょうゆが一気にドバドバ入ってしまったそうだ。
「時々こんなドジしちゃうんだ。てへっ。」
と、J子ちゃんが照れ笑いしながら言う。

ちょっと待て。家でひとりでいる時に、なんでそんなパフォーマンスしてんの?
[2006/12/21 22:05] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

想像力の限界 

以前の勤務先にアルバイトに来てたタチバナ君は、20才非モテ系。
どう見ても彼女いない歴20年なんだけど、元カノ自慢が激しい。
19才の時まで大阪で2つ年上の彼女と同棲していたそうだ。
そもそも元カノとののろけ話なんて超絶ムダだし、その前にほぼ間違いなく創作。
たぶんみんなも心の中でそう思ってたんじゃないかと思うんだけど、一生懸命元カノ話をするタチバナ君を温かく見守っていた。

ある日タチバナ君がいつものように元カノ話をしてて、
「彼女、背がちっちゃかったから、ベッドに寝ると頭が俺の胸あたりに来るんすよ。」


そこまでだ、タチバナ。
なんで寝るのにかかと合わせるんだよ。
彼女がずり上がりゃいいじゃんか。
[2006/12/20 21:38] 思い出 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

“処女キラー”森本レオ、猛威を振るう 

自叙伝「ふぞろいな秘密」を出版した女優の石原真理子(42)が、週刊誌などで「森本レオに処女を奪われた」と告白した。「週刊大衆」などによると、石原は17歳の時、都内の森本のアパートで演技指導を受けた際「ゆだねてごらん」などと言われ、ついうっかりやられてしまったという。
02年には女優の水沢アキ(52)も週刊誌で「17歳の時、森本レオに処女を奪われた」などと告白している。

安倍首相は18日午後、柳沢厚労相に対し、これ以上森本レオに17歳処女を奪われる被害が拡大しないよう取り組みを強化するよう指示した。
厚労省は19日以降、各都道府県を通じて各自治体や教育機関などに森本レオ対策の指導を行う方針。18日には「森本レオに関するQ&A」を各都道府県に送付した。

柳沢厚労相は19日の閣議後会見で、「『17歳で処女』自体、減少傾向にある。これまでは17歳処女の人のみ注意を呼びかけていたが、これからは年齢にかかわらず処女の人は注意してほしい。熱湯(85℃以上)で1分以上加熱すると森本レオは死滅するので、風評に惑わされず正しい知識をもって対処してほしい 」と述べた。

一方、森喜朗元首相は「17歳の処女を奪うなんて、元気があっていいじゃないか」と発言し、物議を醸している。
[2006/12/19 19:04] ニュース | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

猛犬に○○ 

犬を飼ってる家の玄関や門に貼ってある「猛犬に注意」のプレートの、「注意」って部分は強調するために赤い字で書いてあるんだけど、ここだけ消えやすいみたい。
とあるお宅の門柱に貼ってたプレートも「猛犬に」の後が空白になってたので、私なりに埋めてみた。

「猛犬に首っ丈」
「猛犬に乾杯!」
「猛犬に願いを」
「猛犬にネコまっしぐら」
「猛犬西へ東へ」
「猛犬24時間完全密着!」
「猛犬ニート」
「猛犬ニンニキニキニキ」

そんなこと考えてるうちに家に帰り着いた。
[2006/12/18 22:39] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

時既に遅し 

先日法事で親戚が集まったときに、叔父に訊かれた。

「最近はあれか、『ナウい』って、使わんのかね。」

最近というか、もうかれこれ20年くらい前には既に死語になってたような・・・・。
そう叔父に告げると、

「そうか・・・・使ったらいけんかったんじゃのう。それでか・・・・。」


な、何があったの?


【参考リンク】「ナウい」が死語になったのは
[2006/12/17 22:48] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

背に腹は変えられない。 

横断歩道で信号待ちをしていると、近くにいたカップルの会話が耳に入ってきた。

彼氏「背に腹は変えられないよなあ。」
彼女「えっ?なにー?」
彼氏「背に腹は変えられないよね。」
彼女「ん?なになに?」
彼氏「背 に 腹 は 変 え ら れ な い。 」
彼女「えっ?え?」
彼氏「・・・・・・・・・・。」

誕生日にことわざの本をプレゼントしてあげて。
[2006/12/16 20:17] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

呼声 

垣根の向こうに猫の姿が見えたので、「チッチッチッチッ」と、舌を鳴らして呼んだら、私の前を歩いていたおじさんが振り向いた。

いつもそう呼ばれてるの?
[2006/12/15 19:32] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

自民、復党の11人に「もち代」支給 

自民党は14日、復党した郵政民営化「造反組」の衆院議員11人に対し、もち代を支給した。
通常もち代とは、自民党の各派閥から資金力の乏しい若手・中堅議員などに配られる冬場の政治資金のことだが、今回は文字通り「もち代」だという。

安倍総裁と党三役の中川秀直幹事長・中川昭一政調会長・丹羽雄哉総務会長の4人がまだお地蔵さまだった頃、頭に積もる雪を払って売れ残りの傘をかぶせてくれたのがこの11人の復党議員たちだったことから、お礼として配られた。
中川幹事長が同日深夜、復党した議員の自宅を一件ずつ回り、サトウの切り餅や米・味噌・みかんなど300~400万円相当の品を玄関先に積んだ。

同氏は「もち代と言っても、モチだけだとあれなので米や味噌も入れておいた。これでいい正月を迎えて欲しい。サトウの切り餅はひとつずつパックしてあるので、最後の一個まで新鮮だ」と語った。
[2006/12/15 07:04] ニュース | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

ハードボイルド・育児 

3歳くらいの男の子と、その母親とおぼしき女性が歩いていた。
横断歩道にさしかかったところで、母親が我が子に向けて鋭い声をあげた。

「手をあげなさいっ!」


わー、女刑事みたい。カッケー!
[2006/12/14 20:22] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

初恋 

小学4年生の頃の話だ。
学校から帰って部屋でマンガ読んでたんだけど、ふと部屋の窓から外を見ると、下校中のE川君の姿が見えた。
E川君はちょっと気になってた男の子。
通り過ぎるのをじっと見てたら、こっちを向きそうになったので、さっと隠れた。そしてまたそっと覗くと、まだこっちを見てる。
恥ずかしいので、まだ隠れて窓も閉めた。

翌日、帰りの会で先生が「皆さん、なにか発言したいことはありませんか?」と、いつものように私たちに問いかけると、E川君が手をあげた。

「昨日、学校から帰るとき道を歩いていたら、コンドーさんが家の窓から僕を見て隠れました。やめてほしいと思います!」

先生がなにやら笑いをこらえたような顔で「他のみんなはどう思いますか?」と言うと、みんなは

「いけないことだと思います! E川君がかわいそうなので、コンドーさんは謝ってあげたらいいと思います!」


帰りの会で吊るし上げ喰らうほどひどいことかよ。
[2006/12/13 19:22] 思い出 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

塩崎官房長官、英語連発で日本語訳問われ「ググれカス」 

12日の塩崎官房長官の記者会見で、自ら使用した英語に関し「『センシティブ』というのは適当な日本語訳はないんですか」との質問が記者から出た。塩崎氏は「うーん」と言葉に詰まった後、「ググれカス。」と述べ「もう来ねえよ!!ウワァァン」と、会場を後にした。
[2006/12/13 02:05] ニュース | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

お手伝い 

中学一年生の頃の話だ。
なぜだか急に、家のストーブを掃除しようと思い立った。
けっこう細かく入り組んだ部分に、ホコリやススみたいなものがたまっている。
外側からだとなかなか取れないので、はずせる部品ははずしていって、汚れをきれいに取った。
分解する途中でバネみたいなものが飛んでいった気がしたんだけど、組み立てるときにどうしても見当たらない。
結局、元に戻らなくなってしまった。

「お母さん、ストーブが壊れたよー。」

しょんぼりしている私に、

「壊れたんじゃなくて、アンタが壊したんでしょ!」

どうやっても直らないので、電器屋さんに修理してもらった。
そのあとまた、大目玉を食らってしまった。

「ホントにもう!もうこんないたずらしないでよ!」


そうか、結果がすべてなんだな・・・・・。中一の私には、辛すぎる現実だったよ。
[2006/12/12 21:45] 思い出 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

ぬか喜び 

Wiiを買った友人宅に上がりこんで、私も早速やってみた。
「Wii Sports」のテニスをやったんだけど、これがめちゃくちゃ面白い。
ついついはしゃぎすぎて何ゲームもしたため、翌日ひどい筋肉痛になった。

「運動した次の日に筋肉痛だなんて、まだまだ私も若いのう。」
そう思って内心喜んでたら、どうやら風邪による関節の痛みだったようだ。

2日経った現在、風邪と筋肉痛が重なって、我ながら気の毒だ。
[2006/12/11 22:15] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

真実を知った時 

子どもの頃、バナナの皮を三つにむいたらサル、四つだと人間、五つにむくとゴリラだと聞かされて以来、バナナの皮をむくときはサルやゴリラにならぬよう、必ず4つにむくように細心の注意を払ってきた。
「三つにむくとサル」というのは人間より少し足りないからだと思うが、なぜ五つにむくとゴリラなのか、子どもの頃不思議に思ってた。
大人になってからは「ああ、これは『過ぎたるは及ばざるが如し』ということなのだなあ。」と、自分なりに納得していた。

そんな話を友人にすると、「三だからサル、五だからゴリラってことだよね。」と言われた。
なんか今まですごい無駄に生きてきたような気がする。
[2006/12/10 20:43] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

父を偲ぶ 

今日は父の命日。亡くなってから、もう10年が経つ。
いつもこの日になると思うことがある。

「命日か・・・・。命日メイニチ・・・・ホメイニチ。ホメイニ師の命日って、いつなんだろ。そもそも何した人だっけ?イスラム教のなんかあれだ、指導者とかだったよね・・・・・。」


お父ちゃん、ゴメン!
[2006/12/09 22:09] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

父と少女マンガ 

読書家の父はいつも仕事帰りに書店へ寄っていたので、私が中学生の頃、少女マンガの月刊誌をついでに買ってきてもらっていた。

今考えると、毎月毎月少女マンガの月刊誌を買うおじさんって、書店の店員さんから「キモい」とか思われてたんじゃないかな。父は何も言わなかったけど、本当は恥ずかしくて買うのイヤだったんじゃないかなあ。
私はちゃんと「ありがとう」って言ってたっけ?
あまり感謝の気持ちを持っていなかった気がするなあ。
それがずっとずっと、心の隅にひっかかったままになっている。

お父ちゃん、ごめんね。
[2006/12/09 06:25] 思い出 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

妖怪の正体 

最近、靴下が減ってきた。
また出たか、妖怪靴下隠し・・・・! でも困るなあ、寒いから寝るとき厚手の靴下はいてないと、冷えて冷えてたいへんなんだよ。
本当に妖怪なんているわけないし、どうしちゃったんだろうな。
洗濯して干してて風に飛ばされたとか、まさか靴下ドロボーとか・・・・。まさかね。

本日、こたつの中から3組の靴下が出てまいりました。
[2006/12/08 22:26] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

属性 

昔付き合ってた彼に聞かれたことがある。

「なあ、もし俺がホモだったとして、タチとネコ、どっちなら許せる?」


そこ、問題にするとこ違う。
で、どうなのよ?
[2006/12/08 07:08] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

ダメージが大きい 

お尻が切れて血が出たため、記事を書くのが困難な状況です。
現在、出ケツはおさまっているものの、心が重体(おもたい)です。
病状が回復次第、更新を再開します。
[2006/12/07 22:07] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。