スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

プンスカプン! 

もうね、今日はめちゃめちゃ怒ってるよ。めったなことでは怒らない私が怒り心頭だよ!
帰りの電車で、すごいイヤ~なことがあったんだ。
ちょっとネガティブな話になって申し訳ないけど、怒りにまかせて書いちゃうよ。

帰りの電車、けっこう込んでたのに、ドアにもたれかかって立ってるんだよね。
それも2人、並んで立ってんの。外側向けって! どんだけ電車素人だよーって話よ。
これが尻触られただの乳もまれただのってんなら「やめれや」って言えばいいだけじゃん?
普通に怒ってもおかしくないじゃん?
だけど、こっち側向いてるだけ(日本の法律では取締り対象外)の人に「ドアんとこ立ったんなら外側向かんかい」とか言うのって、なんかおかしい人みたいだよね。 そんなのフツーに言いがかりだよ。
頭の中で、この2人の後頭部の髪をわしづかみにして顔をドアのガラス部分に押し付けて「あんたら電車乗りの素人か? 込んどる時にはのう、ドアにもたれて内側向いて立つなや。こうやって外側向いとくもんじゃ。よう覚えとき。」なーんて想像しながらハンカチ噛んでるしかないんだ。
あーあ、もやもやするなあ。

それではここで本日のまとめ、電車のるときの注意事項!
ドアのそばに立ったら、内側を向いちゃダメ!
あと、刻みネギとか持ち込むのもテロ行為だから、やめたほうがいいと思うよ。
[2007/04/06 21:12] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

ホウゲン・ショック! 

「すいばり」が実は方言だった。広島県外では通じないと言われた。
「ひらう(拾う)」がなぜか変換できない。
「もげる」は方言のくせに全国的に通用する。
[2007/04/05 21:57] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

いくつに見える? 

このあいだ、とある年配の女性客と話をしていると、やたらと「私はもう歳だから」というようなことを口にするもんだから、「いえいえ、まだお若いじゃありませんか。」とフォローした。
すると女性客はミニクイズを繰り出してきた。

「いくつに見える?」

むむ、これは難しい。まあこんなミニクイズ出す人はたいてい若く見えるのを自慢にしてるはずだから、実年齢はたぶん62、3ってとこか。パッと見は50代後半くらいだけど、保険かけてもうちょい若く言っとくか。10歳くらい若く言っとけば間違いないだろう。

「そうですねえ、50代前半…53…52歳くらいですよね?」

「あら、ぴったりよ!私、52歳なの。」


ギリギリセーーーフ!
ふう、あせるぜ。
[2007/04/04 21:12] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

健康飲料? 

スーパーで、発泡酒の試飲販売をやっていた。
某メーカーが出した「糖質ゼロ」の新商品だ。
店内に、販売員の声が響く。

「業界初、糖質ゼロの発泡酒でーす! 健康にすごくいいですよ!」


それは言い過ぎ。
[2007/04/03 21:18] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

メルフォ返信 

ナイスアイデア!
早速上り線のメロディーに歌詞をつけてみました。
これでもう安心です。

♪ひとり 足の裏の 皮をむいて
 血が にじむ 夜


メロディはコレ
[2007/04/03 21:16] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

放置 

ずっと以前から悩んでいることがある。
電車がホームに入ってくるとき上りと下りで違う音楽が流れるんだけど、下り線のメロディーの印象が強すぎて、上り線のメロディーがどうしても覚えられない。
一体どうすれは覚えられるものか、後輩A子に相談してみた。

「はあ、それは大変ですね。がんばってください。」


相手にしてよ~。
[2007/04/02 21:01] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

赤坂議員宿舎 入居始まる 

衆院赤坂議員宿舎(東京都港区)への入居が始まったが、入居した議員からの告発により、30日に公開された宿舎の内部の映像がねつ造だったことが明らかになった。

公開された宿舎内部の映像は、3LDK(約82平方メートル)の間取りで、玄関を入ると左手に6畳の和室、右手にキッチン、正面にリビングルームがあり、その奥に5~7畳の洋間が2部屋並ぶ。エントランスは落ち着いた色調で高級ホテルの雰囲気が漂うつくりになっており、最上階の東向きの集会室からは皇居や国会議事堂が、西側の集会室からは富士山が望めるというものだった。

実際は鉄骨系プレハブ工法の28階建てで、総戸数は300戸。エレベーターやエスカレーターはもちろん階段すら無く、上階への移動はハシゴのみとなっている。耐震強度は限りなくゼロに近い。炊事場とトイレは各階で共用、風呂は無い。部屋は6畳1間で、4人家族が肩寄せ合って暮らしていくのにかつかつな広さだ。

これで月額約9万2000円の家賃は高すぎるとの声が入居した議員から出ているが、とにかく立地だけはいいため、「相場じゃないの?」と流されると見られている。
[2007/04/01 21:16] ニュース | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

理想と現実と 

ずっと昔に読んだマンガで、こんなシーンがあった。
------------
刺されて大量の血を流す人の傍にいるふたりの男女。
男は流れる血を見て腰を抜かしているが、女は平然としている。
そして男に「女は血には強いのよ。だって見慣れているから。」といい、立ち去る。
------------

ひゅー! かっちょええー!
女は月イチ出血大サービスがあるから、血なんて全然怖くなんてないんだからね! かぁ…。
うんうん、これが大人の女だよ。私もいつかはそんなセリフ口にしたいものだ。
ずっとそう思ってきた。

しかし思いとはうらはらに、包丁で指を切ってボタボタと床に落ちる血を見て「ひぃぃぃ~これは事件です!」と一人で慌て、なかなか止まらない血に「あわわあわわ」と変な汗を流す。
なんて無様な…! 私には本当に失望したよ。

だけど、やっぱり血も出るとこ違うと別物だもんなあ。
なかなか平気になんてなれないよ。
例えば出るとこが近くても、お尻から血が出るとけっこう凹むよ?
「女は血には強いのよ。だって見慣れているから。」
なんて言ってる場合じゃないよ。慢性になったら大変だよ。
[2007/04/01 06:30] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。