スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

一周年だよ! 

このブログを開設して、今日でちょうど一年。
なんかバカなことばっかり書いてきたんだけど、それでも読んでくれる人がいるっていうのは、ホントにうれしいよ。

実生活で起こったことを基に書いているんだけど、時々「こんなこと書くと、読む人が引かないかなあ」とか「この表現はいかがなものか」なんて思うことがあって、そんな時は、日記書きの師匠であり良き友人であるしびれくらげのふうさんに意見を求めるべく、件名無しでテキストを送ってみることにしているよ。いやがらせじゃないよ!
「いきなり送ってこないでね。読んだんだけど、コンドーさんがそれでいいんならアップしたらいいんじゃない?」
だいたいいつもこんなふうに返事をくれるよ。ふうさん、背中をかいて…違う、押してくれてありがとう! 感謝してます!

あと、気になることがひとつあるよ。
コメント欄におもしろいこと書き込まれると私が嫉妬するのでコメントは受け付けない設定にしているんだけど、トラックバックは受け付けるようにしてるんだよね。
だけど、この一年、全くトラバが来なかった。
ニュースも扱っているから(ウソニュースだけど)トラバ来てもおかしくないのになあ。
ビタ一来なかった。スパムすら来なかった。FC2ってスパム対策すごいのかなあ。

これからも最大限の力を出し切ってバカなこと書いていく所存なので、読んでくれたらもうそれだけでチョメチョメです!


5/1追記
トラバが来ないと思ってたら、私が承認してなかっただけだったよ。
承認制に設定したの忘れてた。そら来んわ。
スポンサーサイト

[2007/04/30 22:10] 日記 | トラックバック(1) このエントリーを含むはてなブックマーク

懐かしい風景 

電車の中で、高校生くらいの二人の女の子たちが車窓を眺めながら話をしている。

「ああー、やっと帰ってきたねー。」
「うん、この風景懐かしい…。なんか安心するー。」
「ホントにね、久しぶりに見る感じよね。」

この二人はどこか遠くへ旅行でもしてきたんだろうな。
それにしては荷物が少ないようだけど…。ああ、きっと先に送ったんだな。

やがて電車は駅に近づいた。

「ふう、着いた着いた。」
「わー、半日ぶりだー!」


日帰りじゃん。
[2007/04/30 20:37] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

「相づちの女王」誕生秘話 

前の記事を書いた後、ひとつ思い出したことがある。

数年前の話だ。友人マキコちゃんと、手鼻について語っていた。
実際に手鼻をかむ人なんて見たことないよねーという流れだったのだが、マキコちゃんが

「うん、でもねえ、お風呂とかで手鼻かむことあるよね。」

そう言って私に同意を求めてきた。
その時なぜか私は他のことに気をとられてて、マキコちゃんの言葉をうわの空で聞いていた。
で、はっと我に返り、何か返事しなきゃと思って口をついて出たのが

「え…そう? 私は手鼻かまないなあ。」

みるみる内に表情を曇らすマキコちゃん。
ごめん、かむよ、かむかむ。私も手鼻かむよ。


このことが心にひっかかってるから、耳の後ろが臭いという汚名を着てまでも、適当に人に話を合わせてしまうようになってしまったに違いないよ。
[2007/04/30 00:44] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

己の小心さを嘆く 

今日もなかなか忙しい日だった。
少し時間が空くのでその間に昼食をとろうと思い、近くのコンビニでサンドイッチを買ってきた。
エレベーターが来るのをホールで待っていると、同じビルに入っている別のテナントのスタッフS井さんが後からやってきた。
彼女も今日は忙しいみたい。顔をテラテラとテカらせている。


S井「あらコンドーさん、今日はそちらも忙しいでしょ~。」

私「そうなんですよ~。今日は走り回ってばかりだからメイクもすっかり溶けちゃった。」

S井「そうそう、汗かくよね~。頭から汗かくのよね~。」

私「うんうん、私も汗かきなんですよ~。」

S井「そうよね~。で、耳の後ろのニオイ嗅いだらすっごい臭くてうわ~ってなるからもう絶対嗅げないよね! あれはもう死にそうに臭いよね!」

私「うんうん、そうそうそうそう~!」


…ついつい相づちを打ってしまった。耳の後ろ死にそうに臭いなんてことないのに。
「耳の後ろ? 臭くなんてないですよ?」…なんてこと言えなかったよ。ああ、私って小心者。
きっと彼女の中で私は「耳の後ろ臭仲間」に認定されてしまったに違いない。
[2007/04/29 22:20] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

何回戦? 

中年女性のお客様が数人、待合室で雑談。それが聞くとはなしにこちらの耳に入ってくる。
ご自分は何処へかにそんなには行きたくはなかったのだけど、ご主人がどうしてもと言うから仕方なしにそこへ行った…というような話らしい。


「私はね、あれだったんだけど、主人がイクイクって言うもんだから…。」

「ああ、ご主人がねぇ~。それじゃ仕方ないわねぇ。」

「そうなのよ~。主人がねぇイクイクって言うのよぉ~。」

「あっら~~。」

「そうよぉ~。主人がどうしてもイクイクって。」



絶倫だな。
[2007/04/28 21:40] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

懐かしいあの場所へ 

以前勤めていた職場の近くにあるパスタ屋さんに、数年ぶりに行ってみた。
時々同僚と食べに行って、私はいつも100円増しの大盛りをオーダーしてたっけなあ。
あまりにもおいしいもんだから、おなかいっぱい食べたくて。

お店の周辺はずいぶん様変わりしてて、新しいショッピングセンターやマンションなどが建っている。以前仕事帰りによく通った小さな酒屋さんはコンビニへと変わり、お気に入りだったお好み焼き屋さんは跡形もなく消え、その跡地は駐車場となっていた。

あのパスタ屋さんも、もしかしたらもう無くなってしまっているかもしれない。
そう思いながら曲がり角を進む。
…あった。あのパスタ屋さんは、そのままその場所にあった。

懐かしいなあ。外装も内装も少し変わっているけれど。うん? メニューも少し変わってるな。
「お決まりですか?」
イケメンウェイターがオーダーを取りに来る。
「えーっと、アサリと山菜の和風パスタ。大盛りで!」
にっこりと笑顔で言うと、イケメンウェイターは少し困ったような顔をして
「あ…すみません。大盛りはやってないんです。」

そこで初めて気づいた。
ここ、違う店だ。
外装も内装もメニューも、それから店の名前も違う。
そうか、私は初めてきた店で、いきなり大盛り頼んだのか。メニューにも載ってないのに。
どんだけハラペコ女だよ。
[2007/04/27 21:13] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

それでも私は持ってない 

「わあっ、ネギくさい!」

帰宅途中の電車内、停車駅で乗り込んできた女子中学生らしき一団の中の一人が、車両全体に響き渡るような大きな声を発した。
それが耳に入った瞬間、不覚にもちょびっと反応してしまった。
自分のバッグの中をチラ見してしまったのだ。ネギ持ってないのに。
すると別の子がこちらをちらりと見て、「お、大きな声で言わないの!」と、あわてた様子でたしなめた。

うわあ、なんか気を使われた気がする。私じゃないのに。ネギなんて持ってないのに。
なんだかすごく気まずいよ。

次の停車駅に着くと、同じ車両に乗っていたオタク全開な感じの青年が降りて行った。
すると女子中学生たちは口々に言い始めた。
すこし離れた位置に立つ私にも聞こえる程度の、不自然に大きな声で。

「あいつだったんよ、ネギくさかったの。」
「あー、やっぱそうだよね。」
「うん、ネギのニオイしてたもんね。」

ああ、なんかものすごい気を使われてる気がする。
でもね、私じゃないよ。私、今日はネギ持ってないよ!
[2007/04/26 22:39] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

絡みづらかったか 

昨日のパーティーの席で、H本先輩が私の着物を見て「かわいいね~」と言うもんだから、ぐいっと視線を合わせて「私かわいいですか。ありがとうございます!」とやると、視線をそらせて「着物がかわいいね~」と言う。再び目をガン見して「かわいいんですね私がっ! どうもありがとうございます!」
ふざけてそんなことを何度か繰り返していると、H本先輩は泣きそうな顔して
「ちょっと誰か来て…もうどうしていいかわからない~。」と言い出した。

そこまで困らんでもええがな。
[2007/04/25 22:14] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

ずっとひとりで悩んでなさい 

会社でちょっとしたパーティーがあった。
出席者は全員女性で、洋服と着物が半々くらい。
私もせっかくだから、あまり着る機会のない小紋を着ることにした。
着替えていると、優柔不断なM田さんがやってきた。

「あら~、コンドーさんも着物にしたの。私どうしようかまだ迷ってるんよ。一応着物も持ってきたんだけどねえ。」

「持ってきたんなら着ればいいじゃないですか。」

「うーん、でもねえ、うれし気に着物着るのもどうかと思ってね~。」


う、うれし気で悪かったねっ!
[2007/04/24 23:57] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

イメチェン 

今日のS山先輩はいつもと雰囲気が違う。メイクがちょっと違うみたい。
普段はベージュ系の口紅なんだけど、今日はぐっと赤みの強い口紅を塗っている。
それを見てH本先輩が一言。

「どーしたん、金魚くわえたような口して。」


金魚の踊り食いか。
[2007/04/23 22:35] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

彼女の要求に応えられない私 

同僚Y山さんが「ヤマザキ春のパンまつり」のシールを集めているらしい。
そういえばこないだ買ったパンに、1点のシールがついてたな。明日持ってきてあげよう。
Y山さんにそう告げると

「あら~助かるわあ。あと5点あったらいいんだけど。5点。うん、5点あったらうれしいわあ。」


うう、ごめんなさい、たった1点で。
[2007/04/22 22:17] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

ドンマイ! 私! 

最近気になった検索ワード
「私の秘密」

んん? 私の秘密? なんだなんだ? 
一体どんな秘密を赤裸々に綴ったんだ?
で、ブログ内検索してみたら、これだった。


----------------
今日一日中、ブラから右乳首がはみ出ていたようだ。

「いいから君は引っ込んでなさい!」
って、言ってやりたい。

(2006年6月19日)
----------------

なんか情けなくなった。
[2007/04/22 00:31] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

なかよし3人組 

しびれくらげさんの昨日の記事「小心者日記」を読んで思い出したことがある。


その日乗った電車は、満員ってほどじゃないけどそこそこ人が多かった。
7人掛けのシートにきっちりと7人座って、私は右端から2番目の位置。
両隣は70歳は越えているであろうおじいさんたち。
ガタゴト揺れて電車は私たちを運ぶ。おじいさんに挟まれた私を乗せて電車は進む。

次の駅で電車が止まると、たくさんの人たちが降りて行き、車内はガラガラになった。
しかし、私と両隣のおじいさんたちはそのまま。車内はすごい空いてんのに。
私たち3人は、さながらケージの隅に寄り集まって眠る小動物のようだ。
移動するっていっても、私も次の駅で降りるしなあ。
すぐ降りるのに移動したら、なんか感じ悪いかも。じいさん心を傷つけるかもしれない…。

そうこうしてるうちに駅に着いた。私が降りると、続いて2人のおじいさんたちも降りた。
たぶんみんな同じこと考えてたんだなあ。
[2007/04/20 22:01] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

未だ解けぬ謎 

高2の春、当時付き合ってたコウジくんの家へ遊びに行った時の話だ。
コウジくんのお母さんがおやつを持って来てくれたんだけど、それがなぜか「ほうれん草のゴマ和え」だった。
いや、おいしかったんだよ。でもね、意味がわからないんだ。
コウジくんは「ウチのおふくろのほうれん草のゴマ和えはうまいんだぜ?」とか言いながらムシャムシャ食べてるし。
わからない、彼のバックボーンがわからない。
[2007/04/20 09:15] 思い出 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

今朝の大発見! 

「爽やかな朝だ。」

この文章、母音が全部「あ」だよ!
こりゃ驚いたな。
ボインが全部、アッー!
[2007/04/19 08:44] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

ありがち 

ネット上での宣伝をやりすぎて叩かれた経緯があるカレー屋さんの前を通りかかった。
ドアの横の張り紙を見て驚いた。ひどいことが書いてある。

「この店のカレーにはウンコが入ってます\(^o^)/」

うわあ、リアルに突撃されてる。こりゃひどいな。インターネットって怖いなあ。
そう思いながら、よく読んでみると

「カレーにはウコンが入っており、その効用は…(以下略・顔文字なし)」

ああ、ウコンか、そりゃそうだよなあ。ありがちな読み違いだ。
そして、この話を友人にすると

「まさかこんなベタな話を日記のネタにしようなんて思ってないよね?」


やっちゃった。
[2007/04/17 21:39] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

記念日 

メールボックスを開くと、後輩A子の彼氏からグリーティングカードが届いていた。
なんだろう? 誕生日でもなんでもないし。何の日だっけ?
開くと、こう書いてあった。

「僕たち、付き合い始めて今日でちょうど1年になりました!
 これからも、お互い大切にしあって、仲良く付き合っていきます。
 コンドーさん、いつまでも僕たちを見守っててくださいね!」


知らんがな。
[2007/04/16 21:09] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

疑惑 

ホームセンターへ買い物に行ってレジに並んでいたら、レジ横のワゴンに使い捨てライターが山積みされているのが見えた。なんと1個10円!安っ!
職場で、タバコを吸うお客さんから「ライターあります?」と聞かれることもわりとあるので、貸し出し用にちょっと買っとくかと思って、20個取ってカゴの中に入れた。
すると、後ろに並んだ目つきの鋭い中年男性が、不審そうに私を見て
「こんなにライターいっぱい買って…何するの?」


犯罪性はありません!
[2007/04/15 23:58] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

顔は似てません 

友人に「イケメンギタリスト大萩康司みたいなのがど真ん中。ああいう顔が大好き。」と言うと、

「前から思ってたんだけど、大萩康司(おおはぎやすじ)と大滝秀治(おおたきひでじ)と丹古母鬼馬二(たんこぼきばじ)って似てるよね。」


ああ、名前読んだ音だけな。


大萩康司 Official Website  http://www.jvcmusic.co.jp/ohagi/
大萩康司のココ最近。 http://ohagiyasuji.cocolog-nifty.com/
[2007/04/14 21:01] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

憧れの職業 

スーパーでボケーっと買い物をしていて何気なく視線を泳がせると、一人の中年女性と視線が合った。まるで私が彼女に気づくのを待っていたかのよう。あるいは私が彼女の存在に引き寄せられたのか。
彼女は凛々しくも優しげな微笑を浮かべ、張りのある声で私にこう言った。
「サイフは手に持ちましょう。危ないですよ。」
見ると、スーパーのカゴの中に無防備にサイフを投げ入れている。
ああ、これは無用心だな。平和ボケだよ、まったくもう。
「あっ、は、はい! ありがとうございます。」
お礼を言う私に彼女は微笑みを返し、足早に立ち去った。

あれはね、絶対保安員の人だと思うんだ。私服保安員。ほら、万引きGメンってやつ。
一目でわかったよ、素人じゃないなって。
かっこいいよねえ。憧れるなあ。万引きGメンって、私もやってみたいなあ。

友人にそう話すと、
「ボケーっと買い物してるような隙だらけの人に、万引きGメンなんて務まらないよ。」

ごもっとも。君、鋭いね。万引きGメンに向いてるんじゃない?
[2007/04/13 21:27] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

竹原慎二はブタっ鼻 

竹原慎二 オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/shinji-takehara/

「じゃあの」が口ぐせになります。


じゃあの。

理不尽な話 

「ねえ、私の顔を見ながらコレ読んでみて。」

H本先輩が1枚の紙切れを私に手渡して言った。なんだろう?
うっ…これを読めばいいの? 顔を見ながら? まあそりゃ別にいいけど…。

「ヤマダユウ ニ ニテマスネ。」

「コンちゃん、感情こもってないよ。」


無理。
[2007/04/12 22:02] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

メルフォ返信 

変身不要とのことでしたが、こればかりは譲れないのでお返事させていただくでござる。
ちょっと待ってくださいよ、

>wiiスポーツは何においても負ける気がしません

一体何をおっしっゃているのか、イミガワカリマセン。
私はね、まだ自分がwiiを買ってない時からwiiテニスに打ち込んできたんですよ?
早々とwiiを買ったブルジョワジーな友人の家で。
「もう帰ってくれ」と言いたげな友人の視線に耐えながらプロにまでなったんですよ?
wii筋肉痛の痛みに耐えながら一撃必殺の「コンドースマッシュ」をあみ出し、wiiテニスにおいて最強のキャラであるエリーザもコテンパンですよ?
その私に? 絶対に負けないですって?
おほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほ笑止! ふんっ=3(鼻息)

ハァハァ、私としたことが取り乱してしまいました。
しかしまああれです「切磋宅麻伸」という言葉どおり、互いに技を磨きあって、最近テレビで姿を見かけない宅麻伸に少しだけ思いを馳せるとしましょう。
[2007/04/12 01:11] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

ひとりごと 

同僚Y山さんは、独り言が多い。
今日も私と後輩A子が仕事してるところへやって来て、A子のすぐ隣に立ち手にしている伝票を見ながらいつものようにブツブツと独り言をはじめた。
「独り言に返事をしたら死ぬ」ということわざ(※1)もあることだし、私もA子も別に何の反応もしなかったんだけど、その独り言はだんだん激しさを増してきた。
私たちに聞こえる程度の大きさの声なんだけど、何を言っているのかよく聞き取れない。
「えっとー…これはこう…だから…あれ?…こうで…えっ? ん、えっと…」
ついにA子がしびれをきらし、「Y山さんって、独り言がけっこう多いですよね。」と言ってしまった。
わっ、死ぬ。(※2)
するとY山さん、「A子に話しかけてたんだけど…。」


あうっ…スルーしてたわけじゃないんだよ。


※1 そんなことわざありません。
※2 死にません。

[2007/04/11 20:36] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

春だから、恋の話をしよう 

昔の恋の話でもしてみよう。
高校1年生の春、できたてほやほやの彼氏と初めてのデート。
二人で楽しくボーリング! ひゃっほー!
…だけど、ボーリングって小学生のときに家族と行ったきりで、これが人生2度目のボーリング。
上手くできるかちょっと不安だ。まあなんとかなるだろう。

彼氏はスポーツバカ…間違えた、スポーツ万能だったので、ボーリングも超上手い。
私は…ガターに次ぐガター、めくるめくガターの宴。なにこの下手さ。
必死の形相でボールを転がす私。そしてだんだん無口になる二人。
「そろそろ…帰ろうか。」
彼は憐れみの表情を浮かべ、私に言った。「もう見てらんない」そんな目してた。

こうして初デートは、一切の盛り上がりを見せないまま1時間足らずで終了。
そしてほどなく自然消滅。儚い恋だった。

やっぱり初デートとかって、自分の得意分野にもってくべきだよね。
たとえば神経衰弱とか五目並べとかさ、あとwiiのテニスとか。
でもその得意分野で負けたりなんかしたら、やっぱりキーーーッ!ってなって、恋が終わっちゃうかもしれないね。
恋愛偏差値低すぎ。運動神経もね。
[2007/04/10 22:22] 思い出 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

見知らぬ知人 

「コンドーさん? コンドーさんじゃない?」

買い物をしていると、後ろからふいに声を掛けられた。
見知らぬ女性。えーっと、どちらさまでしたっけ?
困惑した表情の私に彼女は言った。

「ああ、ごめんなさい。私、お姉さんと同級生の山本です。ほら、中学のとき、お姉さんの後ろの席だった…。」


うん、それは知らないわー。
[2007/04/09 23:10] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

お花見スポット 

姉貴の車に乗って、母と姉貴と私の三人で田舎の道をドライブ。
途中、丘の上に見える墓苑に、桜がきれいに咲いているのが見えた。
「うわぁ、見て見て~きれい~! あそこの墓地は桜が植えてあるんだねー。」
歓声を上げる私に、母が言った。

「まあ、きれいねえ。あそこで花見したらいいねえ。」


やだよ。
[2007/04/08 22:25] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

私の名前 

私の本名の下の名前は「かなこ」(仮名です)で、ひらがなで三文字。
あ、下の名前といっても、別に下半身に名前付けてるわけじゃないよ。
一番最初の文字にアクセントを付けるのが一般的なようだけど、母や親戚のおばちゃんたちは、二番目の文字にアクセントを置く。これって広島弁風なのかな?
なんだか田舎くさいんだけど、そう呼ばれて育ったもんだから、しっくりくるんだよね。
最初の文字にアクセントを置くと、なんだか賢そうで上品そうで都会的な感じがして、ちょっと気恥ずかしい。
そんな話を友人にすると

「ああ、そうだよね。発音でずいぶん違う感じだね。二番目にアクセントが来たほうが合う気がするー。これだとなんかいつも鼻たらして制服の袖で拭いて、袖口テラテラにしてそう。で、いつもひざ小僧すりむいてて、自転車は補助輪付きでないと乗れない。夏は川遊びしてて靴片一方流されて、冬になるとほっぺた真っ赤にして、みかんのヘソに両手の人差し指突っ込んで『コンニチハ』『どうもどうも』とかやってそう。」


ちょっと待て。私ってそんなイメージ?
[2007/04/07 22:34] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

安倍首相「赤ちゃん置き去りはダメ。ゼッタイ。」 

安倍晋三首相は5日夜、育児の困難なカッコウが卵を託すことができる「カッコウの赤ちゃんポスト」設置を熊本市が許可したことについて、「お父さんカッコウ、お母さんカッコウが匿名で赤ちゃんを置き去りにしていくということは、わたしは許されないと思う。政府としては、一般的にそうしたことを認めることはない」と述べ、設置に否定的な考えを強調した。

カッコウは卵を他の鳥の巣に産み付け育てさせる托卵という習性を持っており、産み付けられた卵はいち早く孵化して巣の主の実子である卵を巣から落とし、育ての親の愛情を一身に受けようと目論む。
この被害に遭ったモズやホオジロ、ウグイスなどから訴えが相次いだため、熊本市は「カッコウの赤ちゃんポスト」設置に踏み切った。
[2007/04/07 07:13] ニュース | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

メルフォ返信 

きゃあ、ごめんなさい!
昨日の記事で私がプンスカ怒ってましたが、もちろんそんなルールはないし、全然怒るところではありません。
ただ満員電車でそれをされると、自然と密着した状態で向かい合ってしまうわけです。
真ん中辺でそうなるのは人だらけなので仕方ないんですけど、ドアのとこだとちょっと外側向いてくんないかなーって思ったりするんです。そんな些細なことなんです。

私の真意は「怒りどころが違ーう!」とツッコミを入れてもらえたらいいなーってことだったんですが、読み返してみるとどうもボケ方が中途半端だったようです><
うぅ恥ずかしい。あまりの恥ずかしさに身悶え中です。

もう二度と刻みネギを電車に持ち込んだりしないので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[2007/04/07 06:58] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。