スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

シャンプーとリンス 

昨日近所の薬局でシャンプーとリンスを一つずつ買ったんだけど、帰ってからよく見ると、両方ともリンスだった。
だから今日は、シャンプーを二つ買おうとレジに持っていくと、
「両方ともシャンプーですが、よろしいですか?」

昨日言ってくれ。
スポンサーサイト

[2007/06/30 20:21] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

退院前日 

急性肝炎で入院したS山先輩のお見舞いに行ってきた。
思いのほか元気そうで、もう明日には退院するということだった。もうしんどくもないし、肝臓のなんちゃらとかいう数値も正常なラインまで下がったという。
ただ、ここ数日間便秘がひどくて、主治医の先生に相談したら薬を処方してくれることになったらしい。
「だから私、先生に言ったんよ『じゃあ明日退院だけど、それまでに全部出して行きますね』って。そしたら先生『置き土産していってくれるんじゃね』だってー。」

そんな置き土産いらねー。

-------------
小さな花束持って行ったよー。→【画像】
[2007/06/29 21:46] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

犬vs私 

ウォーキング中、おばあさんに連れられた散歩中の犬とすれ違ったんだけど、犬が私を見てなぜか固まってた。

フフフ、犬め、私の気迫におされ声も出ぬか。きさまなどこの私の前では木偶同然!
そうだ、恐れ慄くがよい。私こそがこの世の覇者…!

と思ったら、ウンコするのに構えただけだった。
失礼しちゃうわね!
[2007/06/29 08:11] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

よく似た感じ 

kaokaoさんちのブログの更新情報がはてなアンテナに上がってきて、ドキリとした。
「辞めたいの」って書いてある…?
ええー? まさかブログ辞めるなんて話じゃないよねっ、ねっ。
オロオロしながらクリックすると、そこには「舐めたいの♪」ってタイトルでナニを舐める話が展開されていた。

ああ、似てる似てる。舐めると辞める。これはちょっと気をつけないといけないなあ。
「辞めさせていただきます」を、わざわざ「舐めさせていただきます」って間違えちゃいそうだ。
[2007/06/28 21:16] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

グチを聞く 

後輩A子が、上司からの理不尽な要求に憤慨してグチをこぼしてた。
「いくら私がIQ200を軽く超えるであろう大天才だからって、そんなの無茶ですよ。」

どさくさにまぎれて何言ってんの?
[2007/06/27 22:07] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

運命の、カニとの出会い 

今朝、ウォーキング中の出来事。
川から上がってきたカニが、道路を横切っていた。
私が近くに寄ると、いきなり立ち上がり両のハサミを高く掲げた。
猛々しいその姿は、「チョキーーー!」とでも叫ぶかのようだ。
あ、これ威嚇だ。私、カニに威嚇されてる。だけどそんな威しには屈しないんだからね!
そこでひとつひらめいたことがある。

「カニにニラニラにらまれた」

新しい早口言葉だよ! ググってみたけどヒットしなかったから、これって私のオリジナルだよ!
だけどみんなパクってもいいよ! 私ってば太っ腹~!
これが巷で大流行して、たぶんそのうち園遊会とか招かれるね。赤坂御苑ってどう行けばいいのかな。あっ、何着て行こうかな。ようし、ますいわ屋で着物作るとするか。
天皇陛下から「ほほう、あなたがあの早口言葉を考案した方ですか」とか言われるんだよ。
ああ、楽しいなあ。



【メルフォ返信】
ゆりさんありがとうございます!
そうそう、広島にもあるんですよ~ますいわ屋。
なにせ園遊会なので、うんとフンパツして高級なの作ろうと思ったんです。
で、ますいわ屋に決めました!
…実際は店の前を通り過ぎるだけなんですけど。
[2007/06/26 20:14] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

色っぽいって言ってほしい 

午前中仕事が忙しくて、冷房がきいているにも関わらず少し汗ばんだ。
後輩A子に「ふう…汗ばむわ…」と言うと、すっと目をそらす。
今度はうなじに手を当てて「なんだか…体が火照るの…」と言うと、さっと席を立ってしまった。
チキショー逃げやがった! 逃げるA子、追う私。
「何も逃げんでも。ひどいじゃん!」
と言うと
「コンドーさんこそひどいじゃないですか!」


そんなにひどい…?
[2007/06/25 21:58] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

メルフォ返信 

こんな時間ですけど起きてたので即レス

まいまいさん、ありがとうございます!
(ハンドルの前半が文字化けしてたんですけど、以前もメールをくださったブラックまいまいさんですよね?)
いつもは0時過ぎには寝てるはずの私がなんでこんな時間まで起きてるかって言うと、実はジグソーパズルやってて熱中しすぎて眠れなくなってしまったんです。
「休み時間やちょっとした暇つぶしのお供にどうぞ♪」なんて書いてるからついうっかりやっちゃったんですけど、とんでもない罠でした。
とりあえず途中で止めて、その代わりと言ってはあれですけど友達から借りた「ギャグマンガ日和」の3巻読んでました。
寝ます。
[2007/06/25 02:27] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

お大事に 

S山先輩が明日から入院する。
風邪だと思って通院してたけど、金曜に病院から呼び出しがあって行くと「血液検査の結果、肝炎だとわかりました。明日からでも入院してください」と医師に言われたそうだ。
とりあえずこの土日は仕事を休めないということで月曜からということになったらしい。
今日、午前中で仕事を終えて帰り支度をするS山先輩に、仲良しのH本先輩が名残惜しそうに声をかけていた。
「じゃあ元気でね」

病気だよ。
[2007/06/24 21:53] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

危険な香り 

今日の昼食は天ぷらうどん。職場は冷房がギンギンにきいてるので、温かいうどんが食べたくなっちゃて近くのお店に買いに行った。
食後に歯を磨いたんだけど、なんとなく私の体に天ぷらうどんのニオイが染み付いてるような気がして、H本先輩に聞いてみた。
「私って、天ぷらうどんの香りがすると思いませんか?」
H本先輩は鼻をクンクンさせて
「何それ? 自慢のつもり?」

何の自慢だよ。
[2007/06/23 21:54] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

雨の日の、地味な闘い 

広島は朝から雨だった。一日中降るって、天気予報で言ってた。
雨が降ってると、出歩くのが億劫だ。でも出なきゃしょうがないよね。
道を歩いてて自動車とすれ違うとき、道路のくぼみに溜まった水をバシャッとかけられた経験のある人もいるんじゃないかなと思う。だけど私は一度もそんな目に遭ったことないよ。
それにはちょっとしたコツがあるので、今日はそれを大公開するよ!


【前方から車が来た場合】
まずちらりと車を目視し、続いて斜め前の水溜りを節目がちにガン見する。

【後方から車が来た場合】
首を車道側に45度回転させる。(このとき注意してもらいたいことがあるんだけど、決して首を180度回転させないこと! すごい怖いから。)

※どちらの場合も、心の中で「水散らすなよ。散らすんじゃねえぞ」と強く念じます。
「私は油断してませんよ? 」って、ギラギラした感じを醸し出すのが重要です。


たったこれだけのことで、すれ違う車はみんな徐行運転してくれるよ。たぶん。
[2007/06/22 21:56] 裏ワザ! | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

アスリート気取り 

ウォーキングコースの途中に、10段程度の階段がある。
いつもそこを駆け上るんだけど、周りに人がいるとなんだかちょっと気恥ずかしい。
なんかさ、アスリートを気取ってるみたいで。

シャツの衿を立てて着てたら「あら、衿が立ってるよ」って直されたくらい気恥ずかしいよ。
それとか、スカートの後ろのファスナーが全開になってるのを出社してから気づいた時とか、ジャケットを裏返しに着てたのを通りすがりの人に教えてもらった時とか、スーパーで買い物してレジでお金を払おうとしたらお札が全然なくて小銭を総動員させてなんとかギリギリ足りた時とか、道を歩いてて最高に笑えるダジャレを思いついてガマンできずに吹き出したときちょうど曲がり角にさしかかって笑いながら人とぶつかりそうになった時とか。
そのくらい気恥ずかしいよ。


なんて気恥ずかしい人生なんだ。
[2007/06/21 21:15] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

ギャグの神様 

先日友人と安くておいしいランチを食べに行った。
食後にアイスコーヒーを飲んでいると、友人がおてふきでテーブルを拭きながら
「ここって、コースターがないんよね~。あればいいのにね」
と言うので、紙ナプキンをグラスに敷いて、言ってやった。
「こーすたーらいいよ~」

うふふ、とっさにこんなウィットに富んだジョークが飛ばせるなんて、私ってば冴えてるぅ~。
もしもギャグの神様がいるのなら、今まさに私の元に降りてきてる…! うふ、うふふ。
あれれ、でも友人の反応が無い。おかしいな、聞こえなかったのかな。
そこで、もう一度言ってみた。
「コースターがなかったら、こーすたーらいいよねぇ」

すると、友人は表情を曇らせて
「ダジャレじゃん! 気を利かせて聞き流したのに、なんで二度も言うの!?」


キレられた。
[2007/06/20 21:47] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

お兄ちゃん 

幼稚園の制服を着た小さな男の子が、2歳くらいの女の子をだっこして
「よいしょ! よいしょ!」
と、よろよろしながら一生懸命歩いている。
傍でお母さんが
「重いでしょう。お母さんがだっこするからいいよ」
と言っても
「よいしょ! よいしょ!」
と、女の子を離さない。
お母さんは笑いながら
「もう~意味がわからん」

その愛らしい様子に笑ってしまって、追い越し際にそちらを見ると男の子と目が合った。
すると男の子はニカーっと、満面の笑みを浮かべた。
どうやらハリキリモードに拍車がかかったようだ。
さらに元気よく、
「よいしょ! よいしょ!」

あの様子じゃ、当分家に帰り着きそうにないな。
お兄ちゃん、がんばれ!
[2007/06/19 21:56] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

秩序の無い世界 

ちょっと甘いものが食べたくなったので、通勤途中にコンビニでチョコを買った。
職場の休憩室に置いてたんだけど、しばらくして食べようと思い休憩室へ行くと、私のチョコのパッケージが開いていて、残りがあとひとつだけになっていた。
「ああっ! 私のチョコが…」
休憩中だったY山さんが口をモゴモゴさせながら
「あ、これコンドーさんのだったの? 最後ひとつ残ってるけど、食べる? おいしいわよ」
予期せぬ言葉に驚いてると、私の後ろからM田さんがやってきて
「あーおなかすいた。あ、そのチョコさっき食べた。おいしかったぁ。最後の1個? 誰も食べないんなら食べとこうかな」
と、チョコをパクリ。

あうあう…言葉にできない。
[2007/06/19 03:13] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

キュウリコーラについて考えた 

考えるまでもなくマズいに決まってる。
そんなどうしようもないダメジュースでも、どうやったら美味しくいただけるのかを試行錯誤するヘンタイな人もいる。 (褒め言葉です)

私自身はそんなネタ体質とかじゃないので、そんなもん飲んだりしないよ? 絶対しないよ?
ただひとつだけ、このダメジュースから学んだことがあるよ。
「キュウリ」って、英語で「キューカンバー」っていうんだってこと!
わーい、ひとつ利口になったよ。
今度から、積極的に「キューカンバー」って単語を生活に取り入れようって思った。
なんてグローバルな視点! なんてインターナショナルな私!
ああ、キューカンバーの酢の物が食べたくてたまらないよ。

父の遺した物 

父の死は急なものだった。
母と一緒にテレビを見ている時に心臓発作を起こし、あっという間に逝ってしまった。
突然の父の死に、残された私たちは悲しむまもなく葬儀を終え、そのまま月日は流れた。

時は過ぎ、母と姉と私の三人で、父の遺品の整理をしようということになった。
父の死後、そのままになっていた父の書斎。
カーテンに染み付いた煙草のにおい。本棚にぎっしりと納められた、父の好きだった本。
父は、もういないのだ。

思春期になると、父のことが疎ましく思えて、ろくに口もきかなかった。
やがて父は、家にいるときはほとんどこの書斎で過ごすようになった。
あまり顔を合わすこともなくなり、居ても居なくてもあまり関係ないと思っていた。
未熟さ故、父に対して思いやりの気持ちを微塵も持てなかった私。
父は、そんなわが子をどんな気持ちで見ていたのだろう。

「あら、これは何かしら?」

母の声に振り向くと、母が何か紙の束を持っていた。
ぱっと見ると、紙にはたくさんの文章が印字されている。

「これ、川柳みたい…。そう言えばお父さん、川柳に凝ってたことがあったわ」
と母は言う。

ユーモアのセンスなど、欠片もなかったような父が川柳…。
その意外さに驚きながら、私は紙の束を母から受け取った。どれどれ…?


下の毛を ワシの頭に 分けてくれ
もう飽きた ネコも杓子も ヘアヌード
あなたのは 遠慮しとくよ ヘアヌード
ヘアヌード 見せればいいって もんじゃない
下の毛は なんであんなに 縮れてる
下の毛が 無いのもハゲって 言うのかな
ほどほどが いいって思い 知らされる
あそこの毛 そこのけそこのけ お馬が通る


……。
下 ネ タ か よ 。
[2007/06/17 05:50] 思い出 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

冤罪の生まれ方 

込み合った電車の中で、私に背を向けて立っていた女性が何か落としたらしく、それを拾おうと少しかがむ姿勢になった。
そのはずみで私の手の甲にその女性のお尻が当たった。というか、押し当てられた感じ。
するとパっと振り向き私の方を見て「な~んだ」という表情。

痴漢とでも思ったのかな。自分からぐいぐいお尻押し付けてきたくせになあ。
私、女でよかったなあ。命拾いしたよ。
[2007/06/15 21:11] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

喫茶店のおいしいカレー 

「喫茶店のカレーって、妙においしく感じるよね」
そんな話をしているところへ、H本先輩がやってきた。
「私が昔バイトしてた喫茶店もカレーがおいしくてね、あれってコツがあるんよー。」
へぇぇ、なんだろ。みんな興味津々で聞いた。
「まず、大きな鍋にたっぷりのお湯を沸かしてね」
ふむふむ、それから?
「その中にぽちゃんぽちゃんと…」

やっぱレトルトじゃん。
[2007/06/14 21:01] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

モフモフ三昧 

朝のウォーキング中、黒猫さんに出会った。(画像)
首輪してるから、どこかの飼い猫らしい。

逃げるかな~と思いつつモフってみたら、 気持ち良さそうにしてるのでモフりまくった。
黒猫さんも「モフってモフって!」とスリスリしてくる。
散々モフったのでそろそろ帰ろうかと歩き出すと
「行っちゃダメ! もっとモフって~」
と、私の前を斜めに遮りながらついて歩いてくる。
私が少し早足で歩くと、小走りで追いかけてくる。
かわいいから、またしばらくモフってやった。

バイバイ黒猫さん。 また会えるといいな。
[2007/06/13 22:07] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

得意満面 

朝、あわただしくバタバタと出かける支度をしていてふと気づくと、隣のネコその1が網戸を開けて入ってきていた。
「ああ、ダメダメ。ごめんね、今から出かけるから遊んであげられないんよー。」
そう言って外に出そうとすると、開いた網戸から隣のネコその2がのそっと入ってきた。
「はいはい、ふたりとも外に出て~。」
すると、ネコその1がその2に向かって

「シャアアアアァァァァーー!」

すごすごと帰っていくネコその2の後姿を見送って、ネコその1は私を見上げて得意気に鳴いた。

「ニャア」


ほらほら、アナタも出るのよ。



-------------------
ネコたちのプロフィール↓続きを読む>>
[2007/06/12 21:35] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

客と店員の攻防 

ショッピングセンターの一角に鉢花ばかりが置かれたお店ができていたので、ちょっとのぞいてみると、そこには数人の客と、売る気満々の店員さん。
そのうち一人が店員さんに目を付けられたようだが、どうもその客は買う気がないようだ。
店員さんをあきらめさせようと、遠まわしに買う気がないことを言った。

「うーん、でも病院にお見舞いに持っていくのはダメよねえ。きれいだけど、鉢花じゃあねえ。」

ところが店員さんも負けてはいない。背丈の高い鉢花を指して

「それならあちらの鉢はどうです? 何本か枝を切って、かすみ草と合わせればとてもきれいですよ! お見舞いにも最適ですよ!」

むむ、この店員さん手強いな。
目を付けられたらマズイ。とてもじゃないけど勝てそうにないよ。
私は二人の決着を見ずして、早々にその場を後にした。
[2007/06/11 22:58] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

葬儀の鉄人 

「ちょっと教えてもらいたいんだけど…」

休憩中、同僚M上さんに声をかけられた。
恩師が亡くなって、今日の通夜に友人3人と一緒に行く予定にしているという。
自分はまだ仕事が終わらないので通夜には間に合いそうにない、明日の葬儀に行くほうが都合がいいと言ったけど、友人が「遅れてもいいからみんなで一緒に通夜に行こう。通夜は一晩中人がいるから、何時に行っても大丈夫よ」と言っているらしい。

「通夜は7時からなんだけど、1時間くらい遅れて行っても大丈夫なの? 」

「いや、通夜はそんな遅れちゃダメ。あんまり遅くに行っても、遺族の方に迷惑よ。お葬式に行けるんなら、そっちに行ったほうがよっぽどいいよ。お葬式ってその人との最後のお別れだから、一人でもたくさんの人が行ったほうがいいんよ。自分が参列することで、ほんの少しだけど遺族の人の慰めになるかもしれないよ。」

私の父の葬儀でたくさんの人に参列してもらってとてもありがたい気持ちになった経験から、私は彼女にそう言った。
あれ? でもなんで私に聞くの? 他にもそういう経験が豊富そうな年配のスタッフもいるのに。

「うん、なんかコンドーさんって、お葬式によく行ってそうなイメージあるから。ああいう席でのマナーにうるさそうだし」


線香臭いイメージ?
[2007/06/10 21:57] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

ピッキング 

「私、泥棒の才能があるかもしれん!」

母から、うれしそうな声で電話があったので、どういうことかワケを聞いてみた。
納屋の戸の鍵が何かの拍子に内側からかかってしまって、困った母が、ダメ元で針金でカチャカチャやってみたら見事に開いたという。
うれくて誰かに言いたかったんだけど、近所の人に言って悪い噂が立ってもアレだから、私に電話してきたそうだ。

「もし部屋の鍵を無くしたら、開けてあげるから言いなさいよ。」


自信満々に言ってるけど、マンションとかは絶対ムリだよ。
[2007/06/09 22:28] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

もしもし 

携帯電話に着信があった。友人からだ。すぐに出て、「もしもし」と言った。
すると友人も「もしもし?」と言う。

あれれ? こっちの声が聞こえてないみたい。おかしいな。

「もしもし? もしもし?」
「もしもし? もしもし!?」

お互いに声が聞こえてないようだ。

「もしもし? もしもし!?」
「もしもし! もしもし!!」
「もしもし! もしもし!!」
「もしもし!! もしもし!!」

何でだろ、さっきの雷のせいで、電話がおかしくなっちゃったのかな。
思わずぼそっとつぶやいた。
「なんで聞こえないのかなあ」
すると電話の向こうで
「わかんない」


聞 こ え て る 。

そうか、最初私が出たときに「もしもし?」って言ったから、互いに聞こえてないって勘違いしちゃったのか。
[2007/06/08 21:28] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

致命的な選択ミス 

日清どん兵衛のだし焼きうどんが美味しい。 (写真)
しょうゆ味とソース味があるんだけど、断然しょうゆ味がおいしいよ!
こないだ、帰りに寄ったスーパーのレジの近くにこの2種類が山積みしてあったので、しょうゆ味の方を2個取ってカゴに入れた。
レジの順番を待ってると、私の後ろに並んだおじさんがソース味を手にとって眺めている。

「おじさん、そっちじゃないよ! しょうゆ味の方が絶対おいしいって!」

そう言いたいけど言えないシャイな私。
ああ、私のこの気持ち、どうすればおじさんに伝わるの?
そこで、カゴの中身がおじさんに見えるように持ち替えた。

「ほらほら、私はしょうゆ味を2個買うんだよ。何の迷いも無く、両方ともしょうゆ味だよ。
ということはだな、私は以前両方食べたことがあって、それでしょうゆ味がおいしいってことを知ってるってこった。つまり、しょうゆ味を選ぶのが正解なのだ。
さあ、そのソース味を置いて、しょうゆ味を手に取るがいい…!」

私の思いが通じたのか、おじさんはソース味を戻してしょうゆ味をひとつカゴに入れた。

やったね! うん、この達成感。なんてすがすがしい気持ち! いい事したら、気持ちいいなあ。
あきらめずに何かをやり遂げるって、すばらしいことだよ!
ネバー・ギブアップ! 強く思えば、願いは必ず叶う…!


今日そのスーパーに寄ったら、しょうゆ味が売り切れてた。
新発売だからってんで置いてたっぽくて、定番化は微妙。もう入荷しないかもしれない。
あーくそぅ、あの時おじさんに、ソース味買わせときゃよかったよ。
[2007/06/07 21:18] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

悩んでるよ。 

JRの駅に自動改札機が設置されて、我が街広島も晴れて大都市の仲間入り!
ところがここでひとつ大きな問題にぶち当たってしまった。
定期入れの意味がない。
どうせ出して通すんだもん、定期入れなんて要らないんじゃないのかな。
バッグに入れるものは極力少なくしたいし、定期を財布に入れちまえばいいんじゃないかな。
そうしようと思ったんだけど、ここでまたひとつ考え込んでしまった。
万が一、財布を家に忘れたら…。
定期さえあればなんとか会社へは行けるし、お金持って無くてもお昼はお菓子食べて水飲んで飢えをしのげばいい。
だけど、定期を財布に入れてたら電車にも乗れないよ。
お金は無いわ定期は無いわで、被害は甚大だ。
家に財布取りに帰ってたら、間違いなく遅刻だよ。
一体私はどうすればいいのか…。悩むなあ。うーん、うーん。
そこで、思い切って後輩A子に相談してみた。

「いいですね~悩みが無くて。うらやましいですよ」


悩みとして認めてもらえなかった。
[2007/06/06 21:53] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

パーマかけた? 

近所の八百屋さんの前を通ったら、そこの顔なじみらしき女性が八百屋の奥さんに話しかけていた。

「あら…? もしかして、パーマかけた?」

見ると、微笑む八百屋の奥さんの髪は、これでもかっていうほどのチリチリソバージュ。
「もしかして」どころの話じゃないよ。
[2007/06/05 21:31] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

いいにおい 

この間、姉貴の家に遊びに行ったときのこと。
窓を開けると隣の家の庭に、きれいな花がたくさん咲いているのが見えた。
なんだかいい香りが漂ってくるようだ。
深呼吸をして「ああ、いい香り」と、つぶやいた。
すると姉貴も私の隣に来て深呼吸。

「ホントだ、いいニオイ! お隣さんは今日は鶏のから揚げかな」


うん、確かに香ばしいいいニオイがするけど。
[2007/06/04 22:56] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

風物詩 

今月1日から始まった、広島に夏の到来を告げる祭り「とうかさん」も、今日が最終日。
この祭りがゆかたの着始めとなり、広島市中区の円隆寺一帯はゆかた姿の人々でにぎわう。
毎年45万人もの人々が集まる、広島を代表する夏祭りだ。

「あ、そういえば、今日が最終日なんですよね~。」

H本先輩にそう話しかけると

「いや、今日が初日じゃない? 6月の3、4日で『むすびのむさし』の日でしょ」


そっちか…。

----------------------------
※むさしの日とは…!
6月の3日と4日は、どうやら「むさしの日」らしい。
「むすびのむさし」でお弁当買ったらくじ引きがあるらしい。
だけど、何が当たるのかよくわからない。
むさしの銀むすびはおいしいよ!
[2007/06/03 23:01] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。