スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

悪気がない人 

昔バイトしてた喫茶店の近所にあったパン屋のおじさんは、客がパンをレジに持っていくといつも「これだけですか?」って訊いてた。たぶん「以上でよろしいですか?」っていう意味だと思うんだけど。
3つくらい買ったときは何とも思わなかったけど、パン1つだけをレジに持っていって「これだけですか?」って言われると、すごい肩身が狭い思いがしたなあ。一度ちょっとムッとして「はい、これだけです」って皮肉を言ってみたんだけど、全然通じなかったっぽい。ああ、私ってひねくれてんだー、素直にならなきゃなーって思ったね。あ、でもこの場合は言葉通りに受け取るとやっぱり複雑な気持ちになるなあ。
スポンサーサイト

[2007/09/30 20:08] 思い出 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

孤独な女 

ネット知人のFさんからメールが来た。
「コンドーさん、ブログで友達募集するの? mixiで友達できないから…? だけど待ってるだけでも友達できないと思うよー。自分から積極的に行かなきゃ。がんばってね、応援してるよ!」

驚いてブログを確認すると、いつの間にかサイドバーに「友達申請フォーム」ってのが付いてた。
誤解されるから勝手にそんなん付けるのはやめてー。お願いFC2!
[2007/09/29 20:06] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

ノンストップ・咳 

そういえば、まだ咳出るのが治ってない。かれこれ3ヶ月になるなあ。
前ほどひどくないから咳止めの薬飲まなくても平気。少しずつ治ってるみたいよ。ていうか咳慣れしちゃったよ。咳も私の一部みたいな感じ。
でもうっかりそんなこと言うと「もう一度病院行きなさい!」って叱られるから(姉に怒られた)、もう誰にも言わないよ。だってレントゲン見たけどきれいな肺してたよ。黒い影なんて全くなかった。黒いのは乳首だけだよいやいやそんなに黒くないよホントだよ!
咳は私の一部だけど、黒い乳首は私の恥部だよだからそんなに黒くないってば!
[2007/09/28 22:18] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

地獄の沙汰も金次第 

駅前で放置自転車の撤去作業をしているのを駅のホームからぼんやり眺めていた。トラックの荷台に手際よく自転車が積み込まれてゆく。
すると、高校生くらいの男の子があわてた様子で駆け寄ってきて、撤去作業中のおじさんになにやら話している。やがておじさんはトラックの荷台から一台の自転車を下ろした。
ああ、自転車返してもらったのか。優しいおじさんでよかったね。
ところがそのあと、男の子が手に何かを握っておじさんに差し出してる。あれは…千円札?
なんか麻薬取引きの現場かなんかを目撃してしまった気分。
※たぶん見間違い
[2007/09/28 21:36] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

早歩きの血 

伯母が入院したので、姉と一緒にお見舞いに行った。
姉は病院の場所を知らないので、私が道案内をしながら歩いていった。
私はかなり歩くのが速いんだけど、普通についてこれてる。このスピードについてこれてるとはさすが私の姉だ。常人だとすぐに弱音を吐くので、相手の歩調に合わせてゆっくりと歩いてやらねばならぬところだ。血族の絆の強さというものを、あらためて気付かされたなあ。
病院の入り口に着くと、姉は弱々しい声で言った。
「歩くの速いねぇ~。ついて行くのに精一杯…。もう力尽きたよ…」

早く言いなよ。
[2007/09/27 22:30] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

オレの家 

犬の吠える声がする。近くに犬を飼ってる家があるんだけど、そこの犬みたい。いつもはそんなに吠えないのに、今日はやたらと吠えるなあ。
やがてその家の子どもの泣き喚く声も聞こえてきた。

「うええぇぇん! 犬小屋がいい~! 犬小屋へ入るぅ~!」

そりゃ犬も必死だわい。
[2007/09/26 21:57] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

使い方いろいろ 

喫茶店に入ると、私が家で愛用しているものと同じ小皿が灰皿として置かれていた。百均で買ったありふれたものだからなあ…。複雑な思いでいると、それを見て友人が言った。
「あっ、このお皿、ウチの猫の飲み水用の皿と同じだ。ここでは灰皿扱いかあ…。なんかやだな~。ダイソーで買った100円のヤツなんよね…。ウチの子には今度ちゃんとした猫用の皿買ってあげようっと」

そう? 私は使うけど?
[2007/09/26 02:32] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

プチM&A 

姉の家の近くに、「ショコラ」という名のかわいくておしゃれなクレープ屋さんがあった。人の良さそうな若い夫婦でやってて、夕方になると女子高生たちでにぎわう、そんなお店。
その隣の建物に店舗を構える巻き寿司屋さんは、スタッフ全員65歳以上というパワフルなシニアだけで運営してて、太巻きがとてもおいしいと大評判のお店だ。私も何度か買ったことあるけど、具がたっぷりでとってもおいしい太巻きだったよ。ところがその建物が取り壊しとなるため、巻き寿司屋さんは退店を余儀なくされた。
ああ、もうあの太巻きが食べられなくなるのかあ…。
残念に思っていたら、ある日店の前に張り紙がしてあった。
「こちらは立ち退きとなるのですが、クレープのショコラさんのお店に当店の巻き寿司を置いてもらえることになりました。今後とも変わらぬご愛顧を云々かんぬん…」
ああ、よかったよかった。だけどクレープと巻き寿司って妙な取り合わせだな。

数日後、そこを通りかかってクレープ屋さんを見て驚いた。
「クレープのショコラ」と書かれたパステル調のかわいい看板が取り外され、でかでかと「巻き寿司&クレープ」と、赤地に白抜きで毛筆風に手書きされた看板にすげかえられていた。 【画像】
わー気の毒に。おしゃれな雰囲気ぶち壊しだよ…。
とりあえず巻き寿司一本買って帰ったけど。

一ヵ月後、店のドア横の張り紙を見てまたまた驚いた。
「急ですが、クレープのショコラさんが閉店されることになりました。ですが、巻き寿司の販売は引き続きこちらでいたします。今後とも変わらぬご愛顧を云々かんぬん…」

乗っ取りだ。
[2007/09/24 11:02] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

平和の象徴 

…とは思えないほどどう猛な感じで何かをついばんでた。

【どう猛なハト画像】
【あまりかわいくないハト画像】

写真撮ってたら自転車が通りかかって、ハトたちがバアって飛んでった。
こわいよ、ハトこわい。


[2007/09/23 22:08] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

どーなんの!? ワタシ 

いつもは下ろしてサイドだけ止めている髪を、ひとつにまとめてひょいと上げてた。すると、M田さんを筆頭とする年配組がわらわらと寄ってきて、ああだこうだと言い出した。

「あっら~! アップが似合うねえ~」
「涼しそうでいいんじゃない?」
「でも前髪がね~。ぺちょんってなってるのが…」
「もっとぐっと立ち上げて、くるんと巻いたらいいのに」
「うん、ふわっとさせたほうがいいわよ」
「アップにするんならポニーテールもいいんじゃない?」
「そうねそうね、それで大きなリボンつけたらかわいいわよ」


誰か助けて。
[2007/09/22 20:36] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

別れられない 

友人K美の家へ寄ったら、K美のお友達のY子さんが来てた。何度か顔をあわせたことのある、とてもきれいな女性だ。一緒にお茶飲んでたらY子さんがなにやら深刻そうな話を明るく話しだした。どうやらY子さんのご主人はちょっとDV気味らしい。(あ、デブ気味って意味じゃないよ!)キレるとすぐに手とか足が出るんだって。Y子さんも気が強い人だから、やられっぱなしってワケじゃないみたいだけど…。
「そんなんされて、別れようとか思わんの?」
すごーく聞きづらいことをK美がズバッと聞いた。
するとY子さんはニヤリと笑って
「うん、何て言うか…。体が合うんよ」

いやーん、オトナ!
[2007/09/21 22:56] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

私はサクラ 

猫が主の総合事務所さんの昨日の記事「無料商法にご注意!」を読んで、わが身を振り返ってみた。
ほら、あれ。スーパーの試食。売る気マンマンの試食販売員はスルッとスルーするとして、興味があれば食べてみたりするよ。
そしたらなんか私の中でサービス精神がむくむく湧き上がり、
「わぁ~! おいしい! これおいしいですねぇ~! ええっと日持ちは…ああ、けっこう長く持つんですね。1コ…いや、2コもらっとう! うん、これはおいしいわぁ~」
とか言ってんの。
どこから見てもサクラなんだけど、結局買ってんだよな。
[2007/09/21 20:22] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

因果関係 

「入院したら痩せるんよね~」
楽に痩せる方法を常に考えているH本先輩がそんなことを言い出した。腕の骨折で2週間入院してたH本先輩のお友達が、退院するときにはけっこう痩せていたという。
「ああ、私も入院したとき痩せた~」
「ウチの子が入院した時にずっと付き添ってたけど、あの時私も痩せたよ」
「うんうん、ウチの妹も痩せた痩せた」
へえぇ~、やっぱ入院したら痩せるものなのか。規則正しい生活になるからかなあ。食事の量も決まってるから食べ過ぎないもんね。
と、そこへ6月に肝炎で一週間入院してたS山さんが現れ、異論を唱えた。
「いやいや、入院したら絶対太るって! だって普通の生活より動きも少ないでしょ? 私も入院中はすごい太ったよ!」

入院どうこうは関係ないってことか。
[2007/09/20 22:07] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

忠告 

私はカフェオレが好き。もちろん三度の飯のほうが好きだけど。
仕事が一段落したので「ちょっとコーヒー牛乳飲んでくる」と席を立ち、休憩室の冷蔵庫に入れてあるマイ・カフェオレを飲もうとしたら、M田さんがあわてた様子でやってきた。
「コーヒー牛乳飲んだら太るよっ!」

ご忠告、いちいちありがとう。
[2007/09/19 22:05] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

私の十字架 

子どもの頃、母から衝撃的な話を聞かされた。
「あなたが生まれたときはね、逆子でたいへんだったんよ」

逆子。「逆の子」と書いて逆子。
なんだかよくわからないけど、きっと「呪われし運命の子」みたいなやつだ。大きな大きな十字架を背負ってる感じなんだよ。

「実は私、逆子だったんよ…」
十字架の重さに耐えかねた私は、ある日思い切って友達数人に打ちあけた。
「あっ、私も!」
「私も逆子よー」

呪われし運命の子は、意外と多かった。
[2007/09/18 21:20] 思い出 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

臭いの発生源 

一時期、脂足気味で足がすごい臭かったことがある。朝は全然におわないんだけど、夕方になったら臭いのなんの。気の弱い人が嗅いだら死に至るんじゃねえかってくらいの臭さ。
そんな私にも彼氏がいて、私は「足が臭い」という事実を死に物狂いで隠そうと、それはそれは涙ぐましい努力をしてたのだった。
ある日の夕方、バイト先に迎えに来てくれた彼の車に乗り込んだ。
ああ、今日はずっと立ちっぱなして疲れたなあ…。足が痛かったので、靴を脱いでくつろいでしまった。一瞬の油断。
しばらく走っていると、車内に異臭がたちこめてきた。むむ、今日は一段と臭い。やばい、彼が怪訝な顔をしているぞ。
「ちょっとゴメン」
彼はそう言うと路肩に駐車し、
「なんかゴムの焼ける臭いがするよね? ちょっと待ってて」
心配顔で車を降りると、タイヤ周りやエンジンルームの点検をはじめた。

ごめんなさい、犯人は私です。
[2007/09/17 22:55] 思い出 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

携帯電話 

携帯電話で話をするのが苦手。通話中、急に声が聞き取れなくなったりすることがよくあるので、話してて疲れるのだ。電波が途切れるのだろうけど、うっとうしいなあ。だから携帯電話では通話はほとんどせず、メールばかり。
今日めずらしくケータイで話をしてて、やはりいつものように急に声が聞こえなくなった。
で、やっとわかった。電話を持ち替えたとき、耳たぶが折れたままケータイに当ててしまってるから、それで耳の穴がふさがってしまっていたのだ。
数年来の悩み、無事解決。
[2007/09/16 23:04] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

小町草 

母は花が好き。庭はいろんな花であふれている。
こぼれ種から毎年芽が出るものもあるし、花屋さんで苗を買ったり。時には通販で珍しい花の種や球根を買ったりもする。
ところがもう通販では買わないことにしたと落胆したような顔で言いだしたので、何かトラブルでもあったかと訳を聞いてみると

「カタログ見てたら『小町草』っていうすごくかわいくて珍しい花があったんよ。で、種を取り寄せて蒔いたんだけど…。咲いてみたら、前からウチの庭に植えてもないのに勝手に生えてるどこにでもあるありふれた花と同じだったんよ。芽が出て伸びてくるにつれて、茎も葉もどんどんあの雑草みたいなのに似てくるから気が気じゃなかったんよ…。そしたら花も同じで…。すごく楽しみにしてたのに…。写真うつりが良すぎなんよ」

腕のいいカメラマンさんだなあ。
[2007/09/15 21:38] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

痔レクチャー 

後輩A子の痔がなかなか治らない。
今まで市販の薬を使ってたんだけど、一向に症状が改善されないので、意を決して肛門科の門を叩いたそうだ。
診察台でお尻を出して横たわると、看護師さんの「はい、指入りまーす」との声が掛かり、まずは触診。続いて「はい、器具入りまーす」と、何か金属っぽいものが入ってきたという。
診察はそんなに時間もかからず、薬を処方してもらって帰ったそうだ。
そんな話を事細かに教えてくれた。
「その薬がよく効いて、もう出血しないんですよー。やっぱり痔になったらうじうじ悩まず早い段階で病院行くのがいいですよ。ちゃんと診てもらってそれに合う薬が出るから、治るのも早いですよ。私が行ったのは○○肛門科ってとこでですね、場所が…」

いや、うじうじ悩んでないから。
[2007/09/14 21:14] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

福田氏出馬へ―自民総裁選きょう告示 

安倍晋三首相の突然の辞任表明を受け、自民党内は総裁選に向け本格的に動きだした。13日夕方には党内最大派閥である町村派所属の福田康夫元官房長官が出馬の意向を示した。失言でおなじみの町村派名誉会長の森喜朗元首相は各派に協力を要請し、古賀、山崎、伊吹、谷垣など各派をまるめ込んだ。

当初、麻生氏が次期総裁の有力候補と見られていたが、「野党第一党である民主党の小沢代表があの通りの悪人顔。それでウチの総裁も悪人顔の麻生氏だと、諸外国から『日本てどんだけー』とか言われてしまう。外交上大きな障壁となるのでは」との懸念が広がり、癒し系の萌え顔である福田氏を推す声が出始めた。
福田氏はその後、国会内で記者団に「癒し系かつメガネ男子というキャラを買われて私に出ろと言う声が多く上がってきたのだと思う。そういう声をむげにはできない」と、自慢のメガネをキラリと光らせた。

自称オタクのアイドル麻生派会長の麻生太郎幹事長も、14日に幹事長職を辞めたうえで出馬を明らかにする。津島派会長代理の額賀福志郎財務相は出馬するのかどうだかよくわからないが、「出る」「出ない」「出る」「出ない」と、花占いで決めるもようだ。
[2007/09/14 08:28] ニュース | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

散髪 

前髪を切った

自分で切った

鏡を見ながら

扇風機を回したまま

風にあおられ 飛んでゆく わたしの 毛 毛 毛

部屋中に舞い散る わたしの 毛 毛 毛

もう一度 掃除機をかけよう

きれい好きな わたし

[2007/09/13 21:42] ポエム! | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

ICOCAで行こか! 

とうとうわが街広島にもICOCA化の波が押し寄せてきた。
私も早速ICOCA定期に切り替えてみた。イコちゃんストラップもらったよ、わーい! もったいないからまだ使ってないよ。
ICOCA定期だと、改札を通るときあそこに当てるだけで通れちゃうのだ。これはベリー便利。
ただ、ひとつだけ心配に思ってることがあるんだな。
今までだったら、定期をあそこに入れなきゃいけないから自動改札機の前に近づくときに歩行速度が自然と落ちていたんだけど、ICOCA定期は当てるだけだから速度を落とさず改札を通れる。
だけど私の歩きは尋常じゃない速さだから、ゲートが開くのが間に合わないかもしれない。
今はそれが不安で改札機に近づくと不自然に速度を落としてるんだけど、そのうちについうっかり普通に歩いてしまってゲートに激突するんじゃないかと危惧してるのだ。
今はそれが一番の心配の種。
[2007/09/12 20:02] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

100円の大きな冬瓜 

姉が田舎の青空市場で冬瓜を買ってきてくれた。
大きな大きな冬瓜をふたつ。なんと1個100円だったそうだ。
そういえばウチの職場のM田さんが冬瓜好きって言ってたから、ひとつあげることにしよう。
「冬瓜入荷しました! 引き取りに来てください」
メールを送ると、すぐに返信が来た。
「今から行きます」

しばらくして見覚えのあるベンツがやってきた。M田さんだ。
冬瓜を車のトランクへ転がすと、M田さんはその大きさに驚いた様子。
「わぁ~大きいねえ。いくらだった? 払うよー」
お金はいらないと断ったけど、M田さんはくいさがる。
「ううん、そんなわけには…で、いくらだったん?」
「100円」
「ええっ!? 100円? じゃあ払う払う! 高かったらお言葉に甘えようと思ったけど、100円くらいなら持ってるから払うよ!」

M田さんは私の手に50円玉ふたつ握らせて、さっそうとベンツに乗り込み帰って行ったのだった。
[2007/09/11 23:06] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

傷心 

隣のネコたちは、触られるのをあまり好まない。
だけど時々「モフらせてやるよ」って言うからお言葉に甘えて軽くモフるんだけど、そのあと決まって体をブルブルブルーってする。
イヤならイヤって言えばいいのに…。
[2007/09/11 07:15] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

無くて七癖 

「無くて七癖」って言うけれど、私にはこれといって目立った癖は無いなあ。
そんな話をしていると、後輩A子が
「いやいや、自分で気付いてないだけですよ。コンドーさんってけっこう癖が多いですよ。例えば『コーヒー飲むときカップの取っ手を持たない』とか『すぐ他人を有名人に例えようとする』とか『すり足で歩く』とか『まゆ毛ボリボリ掻いたあと、爪の間をしばらく眺める』とか『エレベーター待ってるときに腹鼓を打つ』とか『夕方になったら鼻の頭を押さえて鼻の脂のにおいを嗅ぐ』とか…。えーっと、今6コでしょ? あとひとつあとひとつ…」

もうやめて。
[2007/09/10 23:09] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

最後のお出かけ 

小学校低学年の頃の話だ。
とある休日、その日父は朝早くから出かけていて家にいなかった。
母と姉と私の三人で朝ごはんを食べた後、母が急に思いついたように「午後からデパートへ行こう」と言いだした。
姉は大喜びでとても乗り気だったけど、私は何かいやな予感がして気が進まない。だけど結局出かけることになってしまった。

デパートの子供服売り場で、母はいつになくとても気前良くあれこれ買ってくれようとする。姉は何の疑問も持たずに、素直にそれに甘えている。
お姉ちゃん気付かないの? お母さん、どっか行っちゃう気だよ?
うん、間違いない。最初からそう思ってた。母は私たちに最後の贅沢をさせてから、どこかへ行ってしまう気なのだ。
姉はブラウスにスカートにワンピースなど他にもいろいろ買ってもらっていたが、私は「いらない、それもいらない」と断り続け、結局ブラウスとスカート一着ずつだけ買ってもらった。

買い物のあと喫茶店へ行ったら、母はやはりやたら高いものを勧める。
姉は母が勧めた豪華なフルーツパフェをオーダーしたが、私はそれも拒否し、クリームソーダにしといた。
母は「なんで今日はそんなに遠慮するの?」と不思議そうに言うけれど、とぼけたって私知ってるもん。
だけどこれだけしたんだから、母も心残りで出て行くのをやめてくれるはず。
それにしてもお姉ちゃんったら、まったく能天気だなあ。母の異変になぜ気付かないかなあ。

それから何日経っても何年経っても、母が出て行く様子はビタ一なかった。
ああ、損したなあ。
[2007/09/09 23:30] 思い出 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

終わらない夢 

ホントにしつこくて申し訳ないんだけど、未だ360億当選の夢を捨てきれずにいる。
いつまでもそんなことを言ってる私に、友人が気の毒そうに言った。
「日本の宝くじの最高当選金額って、いくらだっけ…?」
ああ、3億か4億くらいだな。アメリカに住む予定とかないから、360億なんて無理だなあ。
まあいい、この際4億ぽっちでいいや、ガマンするか。
ええーっと、お好み焼き屋開店にネコ喫茶の経営に…。

妄想の底なし沼だよ。
[2007/09/08 23:12] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

剛腕試食販売員 

「いりません!」
スーパーでハマチを物色していると、突然隣の肉売り場から女性の強い拒絶の言葉が響いた。
見ると、肉売り場に小沢一郎似の試食販売のおばちゃんがいる。どうやらカレーの試食のようだ。
おばちゃんは行き交う人にやや強引な感じで試食をすすめていたが、その女性の言葉を境に客たちはおばちゃんから遠のきはじめた。
「いかがですかぁ~」
それでもめげずにおばちゃんは笑顔で声を張り上げる。
そしてズンズンと隣の魚売り場までやってきた。すかさず逃げる客たち。
まるでパニック映画を観ているようだった。臨場感たっぷり。
「暴走試食販売員」とか「スーパーマーケット・ハザード」なんていうタイトルで、来春封切りされるらしいよ。


小沢一郎写真館「素顔の一郎」
[2007/09/07 21:36] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

体調不良 

高校生の頃、体調に異変を感じて人知れず悩んでたんだけど、もし悪い病気だったら大変だと思い、保健室の田中先生に相談した。

「なぜか全然お腹が空かないんです」

「ご飯はちゃんと食べてるの?」

「はい、三食ちゃんと食べてます。あ、学校から帰ってからおやつにお好み焼きとかオムライスとか食べたりするから、四食ですね」

「充分足りてるんだと思うよ」


解決した。
[2007/09/06 20:46] 思い出 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

私のとりえ 

「その腕いいね。静脈がはっきり浮き出てて、注射打ち易そう。いやあ、どんな人間でも何かひとつくらいはとりえがあるもんだね~。」
って褒められた。

唯一のとりえが「腕の静脈が浮き出てる」じゃ、やだよな。
[2007/09/05 20:39] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。