スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

訓読みオンリーの男 

以前勤めていた会社のフジサワ先輩は、当時30歳独身。頼りないというか、なんとなく保護したくなるタイプの人だった。

ある夏の日、出先から帰ってきて「ああーっ外すごい暑かったあーー!コンちゃん、冷房ヨワにしてっ!」と言うので、笑いながら「はいはい『弱(ジャク)』にしましたよ。」と返事をすると、キョトンとした顔をした。
もしやと思い、クーラーのリモコンの「強」を指して「フジサワさん、これ何て読みます?」と聞いてみると、さも当然と言わんばかりの顔で「ツヨ。」と答えた。
「じゃあこれは?」と「中」を指すと、少しムッとした顔をして「ナカ!何よさっきからー。オレだってこのくらい読めるよ!」と、むくれた。
「フジサワさん、これは『ツヨ・ナカ・ヨワ』じゃなくて『キョウ・チュウ・ジャク』って読むのが一般的だと思いますよ。」と優しく突っ込むと、「えっ!?そうなん?知らんかったー!ずっと『ツヨ・ナカ・ヨワ』って読んでたよー。コンちゃんって、物知りだね。」と感心されてしまった。


私、物知りですか?
[2006/08/21 20:19] 思い出 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://konta.blog6.fc2.com/tb.php/108-6aa3b13e


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。