スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

安倍首相 カタカナ語連発カタコトで所信表明 

安倍晋三首相は29日、衆参両院の本会議で所信表明演説を行った。
カタコトでの演説に与野党から「分かりにくい」「何を言っているのかさっぱりわからない」などの批判が上がった。
「イノッチの○○○○ベーション」や「新しいカントリーマアムの発売」「フレンドリーなオレ様」…。これに国の名前などを含めると、小泉純一郎前首相就任時の演説の約4倍に及ぶ、延べ109回のカタカナ語が無駄に登場した。
小泉前首相のことが大嫌いな国民新党の綿貫民輔代表は、「カタカナ語の数といえども、前首相を大きく越えたということは良いことだ。109回というのも、煩悩の数プラスワンという意味が込められていて熱気がムンムン伝わってきた。今日の演説がいかに実行されていくか、じっと見守る。」と語った。

【所信表明演説音声】
http://perry-miyazaki.hp.infoseek.co.jp/perry.mp3
↑宮崎吐夢「ペリーのお願い」
[2006/09/30 07:41] ニュース | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://konta.blog6.fc2.com/tb.php/161-8f776b93


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。