スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

君が謝ることはないさ 

その日は朝から雨だった。
駅に着き、傘をたたみながら改札へ向かっていると、ふいに後ろから声をかけられた。

「あの・・・・・・。」

ふり向くと、一人の女性が申し訳なさそうな顔をして佇んでいた。

「はい?」

小首をかしげ笑顔で答える私に彼女は言った。

「ジャケット、裏返ってますよ。」

ああ、裏返しか。まあこんなことは日常茶飯事、あわてず騒がずクールビューティーな感じでお礼を言った。

「あ、ホントだ。ああ、どうもありがとうございますー。」

すると彼女、

「すみません・・・・・。」

と、なぜか謝ってきた。
その後、何度も謝りつつ彼女は去って行った。
そんなに謝るなよ、あんたは何も悪くない。


[2006/05/18 21:44] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://konta.blog6.fc2.com/tb.php/24-aa2e8310


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。