スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

父と少女マンガ 

読書家の父はいつも仕事帰りに書店へ寄っていたので、私が中学生の頃、少女マンガの月刊誌をついでに買ってきてもらっていた。

今考えると、毎月毎月少女マンガの月刊誌を買うおじさんって、書店の店員さんから「キモい」とか思われてたんじゃないかな。父は何も言わなかったけど、本当は恥ずかしくて買うのイヤだったんじゃないかなあ。
私はちゃんと「ありがとう」って言ってたっけ?
あまり感謝の気持ちを持っていなかった気がするなあ。
それがずっとずっと、心の隅にひっかかったままになっている。

お父ちゃん、ごめんね。
[2006/12/09 06:25] 思い出 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://konta.blog6.fc2.com/tb.php/255-c598223f


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。