スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

初恋 

小学4年生の頃の話だ。
学校から帰って部屋でマンガ読んでたんだけど、ふと部屋の窓から外を見ると、下校中のE川君の姿が見えた。
E川君はちょっと気になってた男の子。
通り過ぎるのをじっと見てたら、こっちを向きそうになったので、さっと隠れた。そしてまたそっと覗くと、まだこっちを見てる。
恥ずかしいので、まだ隠れて窓も閉めた。

翌日、帰りの会で先生が「皆さん、なにか発言したいことはありませんか?」と、いつものように私たちに問いかけると、E川君が手をあげた。

「昨日、学校から帰るとき道を歩いていたら、コンドーさんが家の窓から僕を見て隠れました。やめてほしいと思います!」

先生がなにやら笑いをこらえたような顔で「他のみんなはどう思いますか?」と言うと、みんなは

「いけないことだと思います! E川君がかわいそうなので、コンドーさんは謝ってあげたらいいと思います!」


帰りの会で吊るし上げ喰らうほどひどいことかよ。
[2006/12/13 19:22] 思い出 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://konta.blog6.fc2.com/tb.php/261-011875f7


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。