スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

自民、復党の11人に「もち代」支給 

自民党は14日、復党した郵政民営化「造反組」の衆院議員11人に対し、もち代を支給した。
通常もち代とは、自民党の各派閥から資金力の乏しい若手・中堅議員などに配られる冬場の政治資金のことだが、今回は文字通り「もち代」だという。

安倍総裁と党三役の中川秀直幹事長・中川昭一政調会長・丹羽雄哉総務会長の4人がまだお地蔵さまだった頃、頭に積もる雪を払って売れ残りの傘をかぶせてくれたのがこの11人の復党議員たちだったことから、お礼として配られた。
中川幹事長が同日深夜、復党した議員の自宅を一件ずつ回り、サトウの切り餅や米・味噌・みかんなど300~400万円相当の品を玄関先に積んだ。

同氏は「もち代と言っても、モチだけだとあれなので米や味噌も入れておいた。これでいい正月を迎えて欲しい。サトウの切り餅はひとつずつパックしてあるので、最後の一個まで新鮮だ」と語った。
[2006/12/15 07:04] ニュース | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://konta.blog6.fc2.com/tb.php/263-6042e2e6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。