スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

想像力の限界 

以前の勤務先にアルバイトに来てたタチバナ君は、20才非モテ系。
どう見ても彼女いない歴20年なんだけど、元カノ自慢が激しい。
19才の時まで大阪で2つ年上の彼女と同棲していたそうだ。
そもそも元カノとののろけ話なんて超絶ムダだし、その前にほぼ間違いなく創作。
たぶんみんなも心の中でそう思ってたんじゃないかと思うんだけど、一生懸命元カノ話をするタチバナ君を温かく見守っていた。

ある日タチバナ君がいつものように元カノ話をしてて、
「彼女、背がちっちゃかったから、ベッドに寝ると頭が俺の胸あたりに来るんすよ。」


そこまでだ、タチバナ。
なんで寝るのにかかと合わせるんだよ。
彼女がずり上がりゃいいじゃんか。
[2006/12/20 21:38] 思い出 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://konta.blog6.fc2.com/tb.php/269-21f224bd


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。