スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

バレンタインの贈り物 

高校一年生の時の話だ。
当時付き合ってた同じクラスのコウジ君は甘いものが大好きだったから、バレンタインにチョコをいっぱいあげることにした。
小さなチョコを大きなハート型のケースに詰め込んだんだけど、チョコを買いすぎて少し余ってしまった。
「ついでにこれもあげちゃえ」
そう思い、余ったチョコも小さな箱に入れてリボンをかけた。

「はい、コウジ君。バレンタインのチョコレート!」

ハートのケースに入ったチョコを見て、コウジ君はとても喜んでくれた。
もうひとつの箱入りチョコを一緒に出すのを忘れてたから、続けてすぐ渡した。

「あ…それと、コレも!」

コウジ君は大喜びで

「わあ、ありがとう! プラスαってヤツだね。何だろ、楽しみー!」


すまん、そっちもチョコだ。
[2007/02/14 21:08] 思い出 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://konta.blog6.fc2.com/tb.php/334-2fc17426


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。