スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

病院の選び方 

咳がまだおさまらないので、病院へ薬をもらいに行った。
中に入ると、広い待合室には患者さんは一人もいない。わー、閑古鳥だよ。
だけどここってけっこう有名な病院らしくて、病院の名前を聞かれて答えると「ああ、知ってる!」とか「あっ…ウチの母もそこに入院してたのよ」とか「ああ、あそこへ行ったのね…」とかっていう反応があるから、知名度高いよ。
私は病院のことは詳しくないし、Y駅の近くって病院いっぱいあるからどこがいいか全然わかんないからインターネットで「呼吸器系内科」って調べて、適当に行っただけなんだけど。
そんな有名なのに、お客さんが一人もいないってどういうこと? 
待合室で待っていると、お医者さんや看護士さん、事務のお姉さんたちが行ったりきたり。うーむ、職員はけっこうな人数いるなあ。見舞い客らしき人たちの出入りも多いことに気づいた。どうやら入院してる人は多いらしい。
その時、アナウンスが流れた。
「これから、院長の総回診があります。入院患者の方は、ご自分のベッドへお戻りください」
へぇぇ~そんなのもあるんだー。なのにどうだ、この外来の少なさは。

薬を受け取り病院の自動ドアを抜けたところで、病院案内の看板が目に入った。
そこには大きくこう書かれていた。

「放射線科・各種ドック(予約制)」

あー、ここって放射線科の専門病院だ。どうりでえらく設備がいいと思ったよ。
たぶん、風邪ひいたとか咳が出るだとかって人は、あんまりここを選ばないんじゃないかな。
あーあ、私、空気が読めてないなあ。
[2007/07/27 22:13] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://konta.blog6.fc2.com/tb.php/523-088a44b2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。