スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

異文化 

小学2年の夏休み、なぜか姉だけが隣町にある伯母の家に泊まりに行くことになった。姉と離れるのは寂しかったけど、父母を独り占めにできるのがとてもうれしかったなあ。
そして3日後、「おばちゃんちではね~」「隣町ではね~」と、帰ってきた姉の自慢話攻撃がはじまった。だけど珍しい話がいっぱいで、聞くのが楽しくてたまらない。とりわけ衝撃的だったのが「おばちゃんちはね、白いみそ汁だったんよ」って話。
白いみそ汁…! それまで合わせみそとか赤みそのみそ汁しか飲んだことがなかった私はとても驚き、子ども心に「地域が違えば食文化も違うもんだなあ」と思ったものだ。

20kmくらいしか離れてないのに。
[2007/08/16 22:14] 思い出 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://konta.blog6.fc2.com/tb.php/544-8f125bab


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。