スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

ナイスアイデア 

昔バイトしてた喫茶店の隣には小さなケーキ屋さんがあった。ケーキは工場から運ばれてくるので、お店はパートのおばちゃんが一人で店番。狭いスペースなのでエアコンなどはなく、夏は小さな扇風機、冬は足元に小型電気ストーブを置いて、暑さ寒さをしのぐという過酷なケーキ売り場だ。あまりに気の毒なので、夏の暑い日にはアイスコーヒーを、冬の寒い日にはホットコーヒーを差し入れに行ったりしてた。電話も引かれてなくて、本社工場との業務連絡などでウチの喫茶店に置いてた公衆電話をよく使いに来てた。

ある日、いつものようにコーヒーの差し入れに行くと、後ろの棚に電話の子機が置いてある。あれ? 電話引いてもらったのかな。するとおばちゃんはうれしそうに言った。

「これ、いいこと考えたでしょ。家から持って来たんよ。これがあったら電話の度に店を留守にすることもいらんしねえ。なんで今まで思いつかんかったんじゃろうねえ」

おばちゃん…おばちゃん?
[2007/08/22 21:08] 思い出 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://konta.blog6.fc2.com/tb.php/550-c9687a1f


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。