スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

臭いの発生源 

一時期、脂足気味で足がすごい臭かったことがある。朝は全然におわないんだけど、夕方になったら臭いのなんの。気の弱い人が嗅いだら死に至るんじゃねえかってくらいの臭さ。
そんな私にも彼氏がいて、私は「足が臭い」という事実を死に物狂いで隠そうと、それはそれは涙ぐましい努力をしてたのだった。
ある日の夕方、バイト先に迎えに来てくれた彼の車に乗り込んだ。
ああ、今日はずっと立ちっぱなして疲れたなあ…。足が痛かったので、靴を脱いでくつろいでしまった。一瞬の油断。
しばらく走っていると、車内に異臭がたちこめてきた。むむ、今日は一段と臭い。やばい、彼が怪訝な顔をしているぞ。
「ちょっとゴメン」
彼はそう言うと路肩に駐車し、
「なんかゴムの焼ける臭いがするよね? ちょっと待ってて」
心配顔で車を降りると、タイヤ周りやエンジンルームの点検をはじめた。

ごめんなさい、犯人は私です。
[2007/09/17 22:55] 思い出 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://konta.blog6.fc2.com/tb.php/581-69b613bb


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。