スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

はじめての社交辞令 

小学校5年生のとき、同級生のノリちゃんが転校した。
「ぜったい遊びに来てね!」
ノリちゃんはそう言って、隣町へ引っ越していった。
隣町といっても、地図上では隣接しているけれど間に山があるのでかなり迂回して行くことになる。バスに乗って40分、電車に乗り換えて30分。小学生の私にはかなり遠い場所だ。なかなか気軽に行ける距離じゃないよ。

一ヵ月後、ノリちゃんから近況を知らせる手紙が届いた。そこにも「今度遊びに来てね! ぜったいね! いつ頃なら来れるかな?」と書いてある。
ノリちゃんとはそれほど仲が良かったってほどじゃなかったんだけど、いやむしろどちらかといえば苦手な子だったんだけどな。でもせっかく誘ってくれてるんだから無下にはできないよ。
私は一大決心をして、ノリちゃんちへ遊びに行くことにした。親友のエミちゃんを誘って。

ノリちゃんちへ着くと、ノリちゃんとお母さんが出迎えてくれた。
ノリちゃんはお母さんに少し困ったように告げた。
「コンちゃんたちがどうしても遊びに来たいって言うから…」


あの「やられた感」は、今でも忘れられない。
[2007/10/10 22:11] 思い出 | トラックバック(1) このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://konta.blog6.fc2.com/tb.php/607-ee80432e


社会勉強

こうして少女は、「引っ越しました。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください」と言われても決して訪ねてはいけないことを学んだのであった。
[2007/10/13 14:49] URL [晴]晴れの日もある
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。