スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

渇望 

そば屋さんに、カツ丼食べに行った。
席に着くとすぐに温かいお茶が出てきたよ。オーダーしてからカツ丼が来るまでの間、ウェイトレスさんが何度も何度もお茶の補充にやってくる。一口飲めば、すぐ補充。常にテーブルの間をヤカンを持ってうろついてて、茶が減ってる湯のみを見つけたらすぐに満たす。
だいたい私は食事のときに水分を多くとるほうなので、まめにお冷の確認をしてくれるウェイトレスさんはありがたい。だけどこの人はちょっとやりすぎでコワい。「その湯のみ、空にはさせないぜ」がキャッチフレーズのウェイトレスさんなのかしら。
しばらくすると、待ちに待ったカツ丼がやってきた。わーい、ここのカツ丼は美味しいって評判なんだよ。食が進むに連れて茶も減っていくんだけど、なぜかピタリとお茶が来なくなった。ふと店内を見回すと、さっきまでのウェイトレスさんが、ただ立ってる。こっち見て突っ立ってる。
ねえ、私の湯のみ、もうお茶が無いんだよ。
ああ、のどが渇く。このままではのどが渇きすぎて死んでしまう。
これ、何てプレイ?
[2007/12/16 22:38] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://konta.blog6.fc2.com/tb.php/671-b1eb60b3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。