スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

薄皮パンに結論が出た 

遠い昔、薄皮パンにはまってたことがある。

はまったっていうより溺れてた。なんかわいせつなこと想像されてもなんだから説明しとくけど、薄皮パンっていうのはちっちゃい菓子パンが5個入ってて…まあいいや、私と薄皮パンの絡みでも何でも好きに想像するがいい。想像と同時に股関節をふくらませてさ。おっと、股関節がふくらむのは何かの病気かもしれないからできるだけ早めに病院へ行ったほうがいいよ。そけいヘルニアとかだったら大変だよ。あと、女の人なら分かると思うけど、そけい部のリンパが腫れるとパンツのゴムのところに当たってけっこう痛いよね。そんなことはどうでもいい。

薄皮パンについていろいろ考えたんだけど、やっぱはまったからには何かしら責任が生じると思うの。社会悪を斬るっていうのも私の大事な使命なんだけれども、もっと大切なこと、守るべきものがあるのね。まあ責任なんつったら大げさかもしんないけど。「このアマ大げさなことぬかしやがって」なんて言われちゃうとじゅんときてしまうので、薄皮パンを食す者のたしなみくらいにしといてやっか。
そんなこんなで、薄皮パンシリーズを制覇しようと目論んだわけだ。いつもの奴らに加えて、季節商品も出るからうかうかしてられない。近所のスーパーで、こないだまであったはずの白桃あんぱんがいつの間にかイモあんぱんに入れ替わってたのに気づいたときは愕然としたね。まだ食べてないのにぃ! もしかしてもう製造してないの? うおー! のどから手が出るほど欲しいよ!
このままだと一生後悔することになるに決まってるから、店員さんに聞いてみた。そしたらメーカーに問い合わせてみてくれるって。あったら一個取り寄せてくれるって。製造中止になってたらその旨連絡してくれるって。
店員さんは私と3つの約束を取り交わしてくれたんだ。

「ご注文の薄皮白桃あんぱんが入荷しました!」
スーパーから連絡が入り、私ははやる気持ちを抑えつついそいそと受け取りに行った。
サービスカウンターの女性が「お二つでよろしかったですか?」って笑顔で聞いてきた。一個でいいんだけど、こんなレア物二度と手に入らないはずだから二個あんだったらもらっとこうか。
「あー何個でもいいです」
こうして私は薄皮白桃あんぱんを手に入れた。

いやあ、驚いたね。食べたんだけどもさ、普通だった。すっごい普通だった。私の期待が大きすぎたのか…いや、それをさっ引いてもめちゃ普通だった。つーか普通のつぶあんとかのほうが旨い。何してくれるんよヤマザキ!
やっぱ薄皮パンはピーナッツのやつが一番おいしいよ。
[2008/09/14 10:27] 日記 | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://konta.blog6.fc2.com/tb.php/856-3500845d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。