スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

「おなかに赤ちゃんがいます」バッジ配布、効果抜群 

東京の鉄道会社各社が、おなかのポケットに赤ちゃんがいるカンガルーにバッジを配っている。他の乗客がカンガルーに席を譲りやすくなるようにとの配慮だ。
カンガルーにとって、大勢の人間がひしめく電車に乗り込むのはかなりのストレスとなり、ずっと二本足で立ち続けるのも負担が大きい。これを少しでも緩和できればとの狙いがある。
「おなかに赤ちゃんがいます」と書かれているカンガルーの皮製のバッジは、駅の窓口で手に入れることができる。カンガルーだという証拠は要求されない。

これを考案した厚生労働省の職員は、「旅行先のオーストラリアで見たカンガルーの赤ちゃんに感動した。日本在住のカンガルーの皆さんには少しでも快適に過ごしてもらいたい。今後はコアラにも『むやみにだっこしないでください』バッジを配布する予定。彼らはとてもデリケートなんです。」と語った。
[2006/08/09 22:04] ニュース | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://konta.blog6.fc2.com/tb.php/96-6398db82


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。