スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) このエントリーを含むはてなブックマーク

鳥頭インフルエンザ 永田町に激震 

鳥頭インフルエンザ感染の拡大防止に懸命に取り組んでいた安部内閣で1月27日、またも感染を疑われる事例が発生していたことが明らかになった。

感染の疑いがあるのは柳沢伯夫厚生労働相。「女性は出産マシン」と口を滑らせたというもの。
本間氏、佐田氏に続き、三たび安部内閣を襲った鳥頭インフルエンザ問題。感染経路を特定できないまま拡散する被害に、関係者は「どうやって防げばいいのか」と途方に暮れた。
鳥頭インフルエンザに感染すると、カネ・女問題でややこしいことになるというもののほか、あまり言わないほうがいいような本音をついうっかり口走ってしまうという症状が現れる悪性もの(MORI-Y6型)がある。MORI-Y6型は内閣を壊滅状態に追い込むほどの威力を持ち、潜伏期間も3日から30年の幅があるため感染したらいつ発病するかわからない。今回発生したのはこのMORI-Y6型とみられている。

野党側は「これ以上感染を拡大させないためにも、感染が疑われる柳沢厚労相の処分を求める」と要求しているが、安部首相はこれを拒否した。

安倍首相は31日午前の参院本会議で「正直、ショックだった。なぜ私の内閣がこんな目に遭うのかと一瞬悲観したが、毅然としなければいけない。そもそも、そんなにバタバタ辞められたんじゃ私の任命責任を問われることになる。風評被害を食い止めねばならないが、私一人の力限界がある。これは与党だけの問題ではなく永田町全体の問題だ。町内のみなさんには、友人知人に『永田町は大丈夫だよ、国会議員は大丈夫だよ』と伝えてほしい。永田町住民が一丸となって取り組んでいきたい。」と述べた。
[2007/02/01 08:16] ニュース | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

不二家埼玉工場でネズミ485匹捕獲 

消費期限切れ原料使用が問題になった大手菓子メーカー不二家が、埼玉県新座市でテーマパーク「埼玉ネズミーランド」の建設を計画していたことが明らかになった。「ペコちゃんポコちゃんと愉快なネズミたちのコミカルなパフォーマンスとたくさんのアトラクションが楽しめ、施設内のレストランでは消費期限切れのチーズやチョコレート菓子を提供する」というもの。03年1月から計画は進められており、昨年8月までの約3年半にテーマパークの仲間たちである485匹のネズミが捕獲されていたことが、同社の内部文書で分かった。文書には「ネズミ捕獲がマスコミに漏れた時点で、ナイショの計画が全世界にバレバレになる」と記されていた。
外部に漏れて、某大手テーマパークに潰されるのを警戒したものとみられている。
[2007/01/26 22:31] ニュース | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

チョコ製品「B」にガの幼虫、実は冬虫夏草 

北海道旭川市のスーパーで、昨年10月中旬に販売された不二家のチョコレート製品「B(ビィ)」に、ガの幼虫が混入していたことがわかった。
同社では「これは、冬虫夏草入りのチョコレート。消費者プレゼントで1万個に1つの割合で当たる。漢方の生薬や中華料理の薬膳食材として珍重されている、たいへん健康に良いものだ」として、当然、製品の回収はしなかった。

同社によると、混入していたのはコウモリガ科の蛾の幼虫で、子嚢菌門核菌綱ボタンタケ目バッカクキン科冬虫夏草属の菌類の一種が寄生しているという。昨年10月中旬、同市内の男性が購入したチョコレートの菓子箱の中から見つかったという。同7月10日に神奈川県平塚市の平塚工場で製造されたもので、同社は「冬虫夏草入りのものは金箔でコーティングしてあり、約1万円相当」としている。事前に公表しなかった点については「製品の買占めなどを避けるため」だという。
[2007/01/22 07:48] ニュース | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

ハンカチ王子に4禁「甘い誘いは危険」 

ハンカチ王子に「合コン禁止令」が下った。早大・応武篤良監督(48)が18日、教育学部に内定した早実・斎藤佑樹投手(18)に対し、誘惑が多い私生活をガードするため“4禁”を提案した。「合コンをやるなとは言わないが、甘い誘いは危険なので自覚を持って行動してほしい。どうしても合コンをするという場合には、監督である私が付き添い、責任を持って合コンを仕切る」と話した。
その他にも、「水にぬれない」「明るい光に当たらない」「夜12時以降は絶対に食べ物を口にしない」という禁止令が下った。この約束が破られると、かわいいハンカチ王子は猥褻な半ケツ王子となりさらに増殖し町を襲うという。
[2007/01/19 22:41] ニュース | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

pinoの異物混入、調査結果は「隕石」 

森永乳業発売の「エスキモー pino」に混入していた異物は隕石だったことが独立行政法人 産業技術総合研究所 地質調査総合センター(茨城県つくば市)の調べで明らかになった。
調査員が自宅近くのコンビニでpinoを購入しパッケージを開けると、明らかに一粒だけ形が違っていたので、急いで調査所に持ち込んだが、すでに溶けてしまっていたという。
調査のため、職員総出でpinoを買い集めたところ、数十箱に一つの割合で異物混入が確認された。
地質調査総合センターの佃永吉代表は「星の形だったので、一目で隕石だとわかった。職員一人当たり30箱のpinoを自費で大人買いして調査したが、中にはひとつも星型に当たらず泣き崩れる職員もいた。この責任をとって、森永乳業の古河社長は引責辞任すべきだ。つまり隕石辞任というわけだ。隕石で、引責辞任。ププ」と語った。

森永乳業では、今後、製造工程なども含め混入の経緯を調べる。
[2007/01/16 07:55] ニュース | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

新赤坂議員宿舎への格安批判回避へ法制化も―自民・中川幹事長  

自民党の中川秀直幹事長は9日の記者会見で、民間に比べ家賃が格安との批判がある新赤坂議員宿舎について、「国民がいつまでもブーブー言ってるから、議員たちが入居を敬遠して定員割れのおそれもある。必要なら『国会議員か宿舎へ安心して入れる法』を作ったらいい。批判する者を徹底的に取り締まり、テレビなどのメディアで批判を垂れ流す悪質な者は、市中引き回しの上打ち首獄門にすればいい」と述べ、宿舎に入居する議員への批判を行う者を取り締まる内容の新法の制定も検討すべきだとの認識を示した。
[2007/01/09 21:17] ニュース | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

新赤坂議員宿舎、フランスのホームレスに提供 

フランス政府は8日までに、ホームレスが一般住宅に住む権利を明記した法案を17日の閣議で決定することを明らかにした。ホームレス支援の民間団体「ドン・キホーテの子供たち」が進めてきた運動が政治家を動かした。 

これを受けて日本政府は、国会議事堂から徒歩約10分好立地に建設中の新赤坂議員宿舎(地上28階建ての3LDK・82平方メートル)300戸のうち299戸を、フランスのホームレスの居住用に提供する方針を固めた。

総事業費約334億円が国民の血税からまかなわれ、家賃設定は周辺の同程度の物件の5分の1程度というありえない金額のため、国民から批判が噴出した。これに怯えて、入居を予定していた議員ほぼ全員が入居をとりやめる事態となった。
ただ1人、杉村タイゾー衆院議員だけは「入りますよ」と断言。「精いっぱい仕事で結果を出します」としているが、どう考えても元は取れないとみられている。

「なぜ、あえてフランスのホームレスなのか」との記者団の質問に、安倍首相は「フランスはなんとなくおしゃれ。私の目指す『美しい国』にふさわしいのではないか。」と答えた。
[2007/01/09 20:10] ニュース | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

“処女キラー”森本レオ、猛威を振るう 

自叙伝「ふぞろいな秘密」を出版した女優の石原真理子(42)が、週刊誌などで「森本レオに処女を奪われた」と告白した。「週刊大衆」などによると、石原は17歳の時、都内の森本のアパートで演技指導を受けた際「ゆだねてごらん」などと言われ、ついうっかりやられてしまったという。
02年には女優の水沢アキ(52)も週刊誌で「17歳の時、森本レオに処女を奪われた」などと告白している。

安倍首相は18日午後、柳沢厚労相に対し、これ以上森本レオに17歳処女を奪われる被害が拡大しないよう取り組みを強化するよう指示した。
厚労省は19日以降、各都道府県を通じて各自治体や教育機関などに森本レオ対策の指導を行う方針。18日には「森本レオに関するQ&A」を各都道府県に送付した。

柳沢厚労相は19日の閣議後会見で、「『17歳で処女』自体、減少傾向にある。これまでは17歳処女の人のみ注意を呼びかけていたが、これからは年齢にかかわらず処女の人は注意してほしい。熱湯(85℃以上)で1分以上加熱すると森本レオは死滅するので、風評に惑わされず正しい知識をもって対処してほしい 」と述べた。

一方、森喜朗元首相は「17歳の処女を奪うなんて、元気があっていいじゃないか」と発言し、物議を醸している。
[2006/12/19 19:04] ニュース | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

自民、復党の11人に「もち代」支給 

自民党は14日、復党した郵政民営化「造反組」の衆院議員11人に対し、もち代を支給した。
通常もち代とは、自民党の各派閥から資金力の乏しい若手・中堅議員などに配られる冬場の政治資金のことだが、今回は文字通り「もち代」だという。

安倍総裁と党三役の中川秀直幹事長・中川昭一政調会長・丹羽雄哉総務会長の4人がまだお地蔵さまだった頃、頭に積もる雪を払って売れ残りの傘をかぶせてくれたのがこの11人の復党議員たちだったことから、お礼として配られた。
中川幹事長が同日深夜、復党した議員の自宅を一件ずつ回り、サトウの切り餅や米・味噌・みかんなど300~400万円相当の品を玄関先に積んだ。

同氏は「もち代と言っても、モチだけだとあれなので米や味噌も入れておいた。これでいい正月を迎えて欲しい。サトウの切り餅はひとつずつパックしてあるので、最後の一個まで新鮮だ」と語った。
[2006/12/15 07:04] ニュース | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク

塩崎官房長官、英語連発で日本語訳問われ「ググれカス」 

12日の塩崎官房長官の記者会見で、自ら使用した英語に関し「『センシティブ』というのは適当な日本語訳はないんですか」との質問が記者から出た。塩崎氏は「うーん」と言葉に詰まった後、「ググれカス。」と述べ「もう来ねえよ!!ウワァァン」と、会場を後にした。
[2006/12/13 02:05] ニュース | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。